kintoneの通知機能を強化するSmart at message 提供開始
~通知テキストのカスタマイズとチャット通知対応で、さらに便利に使いやすく~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:植草 学、以下 M-SOL)は、サイボウズ株式会社(以下 サイボウズ)が提供する、誰でも簡単に業務アプリを作成できるプラットフォーム「kintone」の通知機能をさらに便利に活用する「Smart at message for kintone(スマート アット メッセージ フォー キントーン、以下 Smart at message)」の提供を開始しましたのでお知らせします。
Smart at messageは、kintone通知機能を強化するサービスです。kintoneから情報を取得して通知メッセージを生成し、SlackとChatworkのチャットツールやメールに通知します。チャット通知と通知メールは自由にカスタマイズすることが可能です。

画面イメージ
Smart at messageのサービスイメージ

背景

近年、企業のコミュニケーションツールがメールからチャットへと変わりつつあります。
総務省が発表した「平成30年度版 情報通信白書」によると、日本におけるビジネスシーンでのチャットツールの導入率は23.7%となっており、5社に1社以上が導入している計算になります。チャットツールは必要な情報を即時に伝えることができるため、その利便性の高さから今後も導入する企業が増えていくことが予想されます。
kintoneでは、kintone上で情報の更新を行った際に、関係者へ更新を通知するメールが送られます。しかし、定型文のため重要な更新に気づかず即時に反応できない、他のメールに埋もれてしまい気づけないといった問題がありました。このような問題に対してSmart at messageは、チャットツールへの通知と、更新メッセージを自由にカスタマイズすることで、利用者の利便性とkintoneでのコミュニケーションの向上を可能とします。

画面イメージ

サービス費用

 

名称 提供内容 費用*(税別)
スタータープラン 50ID、10,000件まで/月 月額1万円
ライトプラン 200ID、60,000件まで/月 月額3万円
スタンダードプラン 500ID、200,000件まで/月 月額5万円
エンタープライズプラン 1000ID、500,000件まで/月 月額10万円

* 1ドメインで複数アプリへの送信設定が可能、複数ドメインでの利用の場合はドメイン数契約が必要です。
契約は年契約となります。また各サービスとも初期費用200,000円(税別)が発生します。

▼ Smart at message for kintoneの各サービスの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/message/

エンドースメント

本リリースにあたり、サイボウズ株式会社、Chatwork株式会社よりエンドースメントをいただいております。

サイボウズ株式会社は、M-SOLUTIONS株式会社によるkintoneの通知機能を強化するSmart at message の提供開始を心より歓迎いたします。
kintoneは、ノンプログラミングで業務アプリの作成や修正ができるほか、プラグインによる機能拡張や外部サービス間での連携ができるクラウドサービスです。この度の連携で自由にカスタマイズした kintoneの通知メッセージを、チャットツールで受けることができます。これにより、重要な通知の見落としを防ぎ、タイムリーに反応できるようになることで、業務の効率化や働き方改革に貢献できると確信しています。
今後も更なるパートナーシップ構築に勤しみ、お客様に快適なソリューションをご提案してまいります。

サイボウズ株式会社
執行役員 営業本部長
栗山 圭太

「Smart at message」のリリースは、ユーザーにとって非常に利便性が高いサービスだと確信しています。現在、導入社数239,000社以上(2019年10月末日時点)を有するChatworkとの連携を通して、kintoneからの情報を取得後、通知メッセージのカスタマイズおよびChatworkへの通知により、導入企業の皆さまのさらなる利便性の向上を期待しています。

Chatwork株式会社
代表取締役CEO兼CTO
山本正喜

【サービスについてのお問い合わせ】
M-SOLUTIONS株式会社 営業部(大島、馬渡)
TEL: 03-6892-3166
Email: msol_sales@m-sol.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

消費税法改正に伴うご請求金額のお知らせ

このたび、2016年11月28日に施行された法律(平成28年法律第85号及び第86号)に基づき、2019年10月1日から消費税率が8%から10%に引上げられることとなりました。
今回の改正に伴う弊社の消費税率の取り扱いにつきまして、以下ご案内させていただきます。

1.月次でご請求の保守サービス料金

毎月ご請求をさせていただいております保守サービス料金は、2019年9月までは消費税率8%、2019年10月分以降は消費税率10%を適用しご請求させていただきます。

2.複数月、年または複数年を一括前払いでお支払いいただいている保守サービス料金

保守サービス提供期間のうち、2019年9月までは消費税率8%、2019年10月分以降は消費税率10%を適用しご請求させていただきます。消費税率8%を適用してご請求させていただいている2019年10月分以降の保守サービス提供期間分については、新税率10%と8%の差額を別途ご請求させていただきます。
差額につきましては別途、請求書を2019年10月以降より順次送付させていただきますので何卒宜しくお願い申し上げます。

3.ソフトウェアの受託開発について

お客様の検収日が2019年10月1日以降のものは消費税率10%でご請求させていただきます。

【本件に関するお問い合わせ先】
M-SOLUTIONS株式会社 管理本部
TEL:03-6892-3070
Email:com_ecosmo_kanri@m-sol.co.jp

kintone での高機能SFAも実現可能に、Smart at tools 提供開始
~基幹システムとの連携、複雑なExcelの共有、BI接続によるリッチな視覚化を実現~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:植草 学、以下M-SOL)は、サイボウズ株式会社(以下サイボウズ)が提供する、誰でも簡単に業務アプリを作成するプラットフォーム「kintone」をさらに便利に活用するための「Smart at tools for kintone(スマート アット ツールズ フォー キントーン、以下Smart at tools)」の提供を開始しましたのでお知らせします。
Smart at toolsには全部で6つのサービスラインアップがあり、今回は第1弾として「CSV入出力」「Excel入力」「BI接続」「ユーザー・組織管理」4つのサービスの提供を開始します。
これらのサービスは個々の利用でも業務効率化が可能ですが、組み合わせて利用することで、例えば営業支援ツール(Sales Force Automation、以下 SFA)に求められる機能をカスタマイズを行わず簡単な設定だけで実現できます。
動時間の短縮により長時間労働の解消が期待されます。

画面イメージ

Smart at tools for kintone で提供される6つのサービスラインナップ

背景

昨今、さまざまな職種で人材不足が課題となっており、人材不足を補うための業務効率化やスキル平準化を目的に、業務支援用のITツールを導入する企業が増えています。kintoneユーザー企業においては、さらなる業務効率化の向上を目的に下記のようなご相談を多く受けるようになりました。

  • 基幹システムの顧客情報/案件情報を同期したい
  • 原価・経費と見積もり金額の比較など、複雑なExcelファイルを利用したい
  • BIツールと連携して売上数値などの昨年対比を分析したい
  • 組織変更や入社・退社の情報を一元管理して一括更新したい

このような課題が増える中、さらにkintoneをSFAとして活用したいという要望も増えています。

Smart at toolsを活用したSFAのイメージ

kintoneでは、顧客情報、商談情報、活動管理、見積管理などの一般的なSFAを個別開発によって構築が可能です。しかし、Smart at tools の各サービスを組み合わせることで、「基幹システムとのデータ同期」「Excelで管理される計算書からのデータ取り込み」「営業実績の予実表の表示」など、高機能SFA構築をカスタマイズなしで実現可能にします。また、既存SFAからのデータ移行にも対応可能です。

画面イメージ

Smart at toolsを利用したSFA利用例

サービス概要

サービス名称 機能 費用*(税別)
Smart at tools for kintone
CSV入出力
基幹DBや会計/販売管理パッケージなどとの連携を行います。ローカルへのデータバックアップも可能です。 月額3万円~
Smart at tools for kintone
Excel入力
複雑な計算を含むExcelファイルをkintone上で共有可能にします。 月額3万円~
Smart at tools for kintone
BI接続
BIツールを使ったダッシュボード表示、複雑な計算(AIを使った未来予測)を可能にします。 月額5万円~
Smart at tools for kintone
ユーザー・組織管理
cybozu.comのユーザーと組織情報の一元管理を行います。 月額3万円~
Smart at tools for kintone
権限管理オプション
kintoneアプリ単位での権限一括設定など、権限の一元管理を行います。 Coming soon
Smart at tools for kintone
申請パック
簡単設定ワークフローパック。社内の様々なワークフローを、紙からkintoneへ置き換えることが可能です。 Coming soon

*費用:各サービスとも初期費用200,000円(税別)が発生します。
    月額費用はプランにより異なります。
    年間契約となります。

▼Smart at tools for kintoneの各サービスの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/tools/

エンドースメント

本リリースにあたり、サイボウズ株式会社よりエンドースメントをいただいております。

サイボウズ株式会社は、M-SOLUTIONS株式会社様の「Smart at tools for kintone」の提供を心より歓迎いたします。
「Smart at tools for kintone」により高度なSFA運用が可能になることを確信しております。
今後も更なるパートナーシップ構築に勤しみ、M-SOLUTIONS株式会社様と共に、お客様にとって価値あるソリューションをご提案してまいります。

サイボウズ株式会社
執行役員 営業本部長
栗山 圭太

今回のサービス提供開始にあたり、kintoneユーザーおよび導入検討中の企業向けにカンファレンスを開催し、kintoneの活用事例やSmart at tools の詳細をご紹介します。

■ M-SOLUTIONS主催 kintoneカンファレンス開催

日時 7月23日(火)15:00~17:00
場所 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階
サイボウズ株式会社 セミナールーム
プログラム 1. 開会ご挨拶
2. Smart at tools for kintone各サービスのご紹介
3. お客様登壇 ~kintone導入事例~
4. パネルディスカッション ~導入企業が語る、kintone改善ポイント・利用アイデア~
5. キントーン アップデート情報のご紹介(サイボウズ株式会社)

【サービスについてのお問い合わせ】
M-SOLUTIONS株式会社 営業部(大島、馬渡)
TEL: 03-6892-3166
Email: msol_sales@m-sol.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

既存PBX+受付システム「Smart at reception」で担当者の呼び出しをスマートに!

既存PBXを利用できる受付システム「Smart at reception」

受付のiPadから簡単な操作で訪問先を検索し、来訪者が担当者や担当部署を直接呼び出す無人受付システム。「電話を受けた社員が対応に追われる」「取次ぎに時間がかかってお客様を待たせてしまう」といった課題の解消が期待できます。

M-SOLUTIONSの受付システム「Smart at reception」はPBXに対応なので、使用中のPBXを一新することなく、受付iPadからの内線呼出を実現。既存の資産を活用できるため、少人数オフィスからグループ企業まで手軽に導入できます。

使っているPBXによってiPadとの接続方法が異なります。次に見ていきましょう。

 

アナログPBX経由で電話発信する場合
 

アナログ PBX経由で電話発信する場合、Smart at receptionをインストールしたiPadを「内線電話」として使うには、SmartGateAdapter(SGA)が必要になります。
PBXとSGAの間は、単独アナログ内線で接続します。


IP-PBX
経由で電話発信する場合

IP-PBX経由で電話発信するケースでは、PBXとiPadの間はSIP通信を行い、iPadを「内線電話」として使います。なお、iPadの台数分のSIPクライアントが必要です。


内線電話以外にも、いろいろな通知方法が選択できます

Smart at receptionは、内線電話以外にも、Slack、LINE WORKS、Chatworkといったチャットツールやメールでの通知にも対応しています。担当者が席を離れているときや、一人に一台電話が割り当てられていないオフィスでも、担当者にお客様の到着を知らせることができます。
もちろん、内線電話とチャットツール、メールでの通知は併用可能です。

導入事例はこちらを参照ください。
https://smartat.jp/news/example.php

iPad無人受付システムSmart at reception
https://smartat.jp/reception/

QRコードで入退出管理もラクラク!iPad無人受付システム「Smart at reception」

訪問先のエントランスを入ると、カウンターには電話や受付システムの端末のみというオフィスも、最近は珍しくなくなりました。受付業務の負荷軽減やオフィスのリニューアル・移転をきっかけに、受付システムの導入を検討するお客様も多いようです。

2014年にリリースされた M-SOLUTIONS の Smart at reception も、そんな受付システムのひとつ。端末には iPad を使い、お客様ごとの受付ルールに柔軟に対応しながら、簡単に受付業務をシステム化します。

訪問者は、受付のタブレット画面の指示に従ってタッチしていくだけで、簡単に担当者を呼び出すことができます。事前に発行されたQRコードや受付番号があれば、受付はさらに簡単に。

今回は、事前登録を使った受付の流れについて、もう少し詳しくご紹介します。

管理画面から受付予約、受付用QRコード受信

担当者は、ブラウザを使って管理画面から来訪予定を登録後、発行されたQRコードをメールで来訪予定者に送信します。テンプレートが用意されているので、簡単にメールを送ることができます。

QRコードのほか、受付番号の発行ができ、番号での受付にも対応し、予約情報は一覧管理できます。

また、Smart at reception は G Suite や Microsoft Office365 と連携しています。Googleカレンダーや Outlook で作成した会議通知を専用のメールアドレスに送ると、Smart at reception 内に来訪予定が作成され、QRコードが発行されます。あとは管理画面から来訪予定を登録したときと同じ手順で、訪問者にQRコード付きメールを送信できます。

訪問者はiPadにQRコードをかざすだけで受付完了

訪問者は、事前に送られたQRコードを受付の iPad にかざすだけで受付が完了します。内線電話を利用の場合は呼び出しボタンが iPad に表示され、受話器を取って押すだけで直接担当者と話すことができます。

また、メールや LINE WORKS、Slack、Chatwork といったチャットツールへの通知を使えば、担当者が席を離れていても、到着を知らせることができます。

直接担当者を呼び出すことができ、取次ぎの手間を省けます。また、受付は自動的に記録されるので、訪問者が台帳に記入する手間も省きます。

訪問後の退館処理も簡単

面会が終了したら、受付担当者がメールやブラウザから退館処理を行います。退出日時が自動で記録されます。

Smart at reception はQRコードを使って、受付のほか入退出管理も楽に行えます。無人受付だけでなく、有人受付システムとしてもご利用いただいています。

導入事例はこちらを参照ください。
https://smartat.jp/news/example.php

iPad 無人受付システム Smart at reception
https://smartat.jp/reception/

オフィスIoTセミナーに登壇しました

2018年11月21日、株式会社ウフルで開催された
事例とソリューションから学ぶオフィスIoTセミナー」に登壇しました。

ウフル様のオフィスエントランスでは弊社の「Smart at reception」と「Smart at robo for Pepper」をご導入いただいており、来訪されるお客様を手厚くおもてなししています。

弊社植草より、「オフィスIoTワーキンググループ」の活動内容についてご紹介しました。

弊社植草のパートでは、「IoTでオフィスの生産性を向上!「Smart at reception」 活用事例紹介」として、企業のお客様を離れたところからでも、お待たせすることなくおもてなしする受付ツール「Smart at reception」の
オフィスでの活用事例をご紹介しました。

Smart at reception」の3つの特徴や、Dialpadとの連携についてもお話しました。

今後もM-SOLUTIONSは、「IoTパートナーコミュニティ」の一員として
さまざまな課題をIoTを用いて解決し、IoTビジネスをより推進してまいります。

働き方改革EXPOに出展しました!

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで行われた
働き方改革EXPOに出展しました。
働き方改革法案が成立した直後の開催だったこともあり、
来場者は前年比 15,902 名増の 61,286 名と大盛況の展示会となりました。

弊社ブースでは「クラウドで実現する働き方改革!」をテーマとして掲げ
BizteX株式会社様、株式会社ソウルウェア様、株式会社コラボスタイル様との
4社共同で出展いたしました。

弊社では3製品を展示させていただきました。
・無人受付クラウドサービス「Smart at reception
・シンプルなUI顧客管理ソリューション「Smart at CRM for kintone
・はじめてRPAをご利用される方への導入支援「RPAロボット作成支援

多くのお客様がご来場され、それぞれの製品展示やミニセミナーに耳を傾けてくださいました。





共同出展のBizteX様には、近年注目を集めているRPAクラウドサービス「BizteX Cobit」を展示いただきました。

 

ソウルウェア様には、ICカードをタッチするだけで勤怠管理と交通費精算を実現する「kincone」や、kintone向け帳票ソリューション「RepotoneU」シリーズをご展示いただきました。

コラボスタイル様には、複雑なワークフローでも直感的に作成できる「コラボフロー」を展示いただきました。

スペシャルゲストとして、サイボウズ株式会社のチームワーク総研より
和田様にご来場いただき、世間からも注目を集める
「サイボウズの働き方改革」についてミニセミナーを実施いただきました。

【セミナーのお知らせ】
今回共同出展いただいた各社・サイボウズ社とともに、
働き方改革セミナーを実施いたします。
各社からご提案する具体的な働き方改革の手段について
ぜひご参考にしていただきたいと存じますのでふるってご参加ください。

本当にできる働き方改革
~kintone x RPA で実現するクラウド業務改善セミナー~

<第1回開催>
日時:2018年8月9日(木)15:00~17:20
場所:M-SOLUTIONS株式会社(新宿イーストサイドスクエア)
詳細情報とお申込みは下記URLをご参照ください。
https://m-sol.co.jp/seminar/form/?id=20180809

<第2回開催>
日時:2018年8月30日(木)15:00~17:20
場所:サイボウズ株式会社(東京日本橋タワー)
詳細情報とお申込みは下記URLをご参照ください。
https://m-sol.co.jp/seminar/form/?id=20180830

kintone hive tokyoのライトニングトークに登壇しました

2018年6月14日、新木場STUDIO COASTにて、kintoneユーザーのためのイベント「kintone hive tokyo」が開催されました。

STUDIO COASTは普段ライブ・イベントスペースとして利用されており、ビジネスイベントとは思えない非日常感が演出されていました。


本番直前。会場にはkintoneユーザーの皆様が続々と来場されました。

華々しいオープニングのあと、kintoneユーザーご自身による事例のご紹介があり、選抜5社のユーザーの皆様がkintoneの有効的な利用方法についてお話されました。

kintone hackのコーナーでは、弊社取締役の植草が登壇いたしました。
「ここまでできるkintone」をコンセプトとした、kintoneの可能性を広げるショートセッションです。
弊社の新製品「Smart at CRM for kintone」や「kintoneプラグイン」をご紹介させていただきました。


また、新たに弊社のサービスとして開始して「RPA設定パック」についてもご紹介させていただきました。

さまざまな演出でユーザーを楽しませてくれる「kintone hive」。
今年はkintoneロゴが印字されたお菓子が振る舞われるなど、エンターテイメント性が年々パワーアップしていることが感じられたイベントでした。

Smart at robo、ラベルプリンターと連携しIoT活用をさらに拡大
~PepperのコミュニケーションによりクーポンやQRコードなどの利用を促進~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット Pepperを簡単に動作設定するサービス「Smart at robo for Pepper(スマート アット ロボ フォー ペッパー、以下 Smart at robo」をアップデートし、サトーホールディングス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:小瀧 龍太郎、以下サトー)のプリンターと連携する「ラベルプリンター印刷」など、3つの新機能を追加しましたのでお知らせします。

■活用シーン
ラベルプリンター印刷では、サトーのプリンター「FLEQV(フレキューブ) FX3-LX」と連携し、Pepperを操作することで店舗のクーポンやLINE ID、Wi-Fiの接続情報、訪日外国人向けの英語店舗メニューなどをその場で印刷することが可能となります。またSmart at roboの既存機能と併用することで、Pepper自らが来店されたお客様に近づき、アンケートURLやクーポン用QRコードの印刷を促す発話でコミュニケーションを取ることができ、印刷してもらいやすい状況をつくりだします。印刷の設定は、QRコード・画像印刷などのテンプレートを用意しているため簡単にでき、またオリジナルのテンプレートも簡単に作成することが可能です。

店舗での活用イメージ

画面イメージ

今回の連携にあたり、サトーホールディングス株式会社の小林哲也氏よりコメントをいただいております。

このたび「FLEQV FX3-LX」と「Smart at robo for Pepper」の連携により、お客様のニーズに沿った様々なサービスを提供できることを心より嬉しく思います。「FLEQV FX3-LX」では、用途や使い方に合わせて自由なラベルデザインを行うことが可能で、大切なデータはお客様専用のクラウドストレージで保管・配信できます。今後もサトーはM-SOLUTIONSとともにお客様にとって最適なサービスを提供すべく取り組んでまいります。

サトーホールディングス株式会社 商品企画部
商品企画・システム企画グループ
グループ長 小林哲也

■追加された3つの新機能

機能 アップデート内容
ラベルプリンター印刷 サトーのラベルプリンターへ印刷できるようになりました。指定機種のラベルプリンター(※)が必要です。
Microsoft Flow 連携 Microsoft Flow からPepperを動作させたり、PepperからMicrosoft Flowを動作させることができるようになりました。
YouTube動画再生 YouTubeの動画が自動で再生できるようになりました。

※サトーの「FLEQV(フレキューブ) FX3-LX」(オープン価格)の購入が必要となります。

▼FLEQV FX3-LXの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sato.co.jp/products/printer/fx3/

▼Smart at robo for Pepperの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

第2回シーコン・カンファレンスに出展しました!

2018年3月15日、サイボウズ本社で行われた「第2回シーコン・カンファレンス」に出展しました。

2017年9月に行われた第1回に続き、多くのkintone/Garoonユーザーの方がご来場されました。
入り口ではサイボウズのPepperがお客様をお出迎えし、セミナーのタイムスケジュールをご案内しました。(弊社のSmart at robo for Pepperで動作設定しています)

基調講演の『働き方改革RPA活用最前線 ~デジタルレイバーは人に置き換わるか?~』では日本RPA協会の大角様がご登壇され、非常に多くのお客様がご聴講されました。

ランチセッションでは『ここまでできるkintone、活用事例と12のプラグイン紹介』と題し、弊社のkintone関連サービスと最新プラグイン12種類をご紹介させていただきました。

ランチタイムということでセッションではサンドイッチが振る舞われました。

 

弊社ブースでは、先日プレスリリースにて発表させていただいた「Smart at CRM for kintone」と、kintoneプラグインを展示いたしました。

スペシャルパネルディスカッションでは、弊社取締役の植草も登壇し
マルチクラウドについて熱いトークセッションが行われました。

今後のシーコン・カンファレンスにもご期待ください!