QRコードで入退出管理もラクラク!iPad無人受付システム「Smart at reception」

訪問先のエントランスを入ると、カウンターには電話や受付システムの端末のみというオフィスも、最近は珍しくなくなりました。受付業務の負荷軽減やオフィスのリニューアル・移転をきっかけに、受付システムの導入を検討するお客様も多いようです。

2014年にリリースされた M-SOLUTIONS の Smart at reception も、そんな受付システムのひとつ。端末には iPad を使い、お客様ごとの受付ルールに柔軟に対応しながら、簡単に受付業務をシステム化します。

訪問者は、受付のタブレット画面の指示に従ってタッチしていくだけで、簡単に担当者を呼び出すことができます。事前に発行されたQRコードや受付番号があれば、受付はさらに簡単に。

今回は、事前登録を使った受付の流れについて、もう少し詳しくご紹介します。

管理画面から受付予約、受付用QRコード受信

担当者は、ブラウザを使って管理画面から来訪予定を登録後、発行されたQRコードをメールで来訪予定者に送信します。テンプレートが用意されているので、簡単にメールを送ることができます。

QRコードのほか、受付番号の発行ができ、番号での受付にも対応し、予約情報は一覧管理できます。

また、Smart at reception は G Suite や Microsoft Office365 と連携しています。Googleカレンダーや Outlook で作成した会議通知を専用のメールアドレスに送ると、Smart at reception 内に来訪予定が作成され、QRコードが発行されます。あとは管理画面から来訪予定を登録したときと同じ手順で、訪問者にQRコード付きメールを送信できます。

訪問者はiPadにQRコードをかざすだけで受付完了

訪問者は、事前に送られたQRコードを受付の iPad にかざすだけで受付が完了します。内線電話を利用の場合は呼び出しボタンが iPad に表示され、受話器を取って押すだけで直接担当者と話すことができます。

また、メールや LINE WORKS、Slack、Chatwork といったチャットツールへの通知を使えば、担当者が席を離れていても、到着を知らせることができます。

直接担当者を呼び出すことができ、取次ぎの手間を省けます。また、受付は自動的に記録されるので、訪問者が台帳に記入する手間も省きます。

訪問後の退館処理も簡単

面会が終了したら、受付担当者がメールやブラウザから退館処理を行います。退出日時が自動で記録されます。

Smart at reception はQRコードを使って、受付のほか入退出管理も楽に行えます。無人受付だけでなく、有人受付システムとしてもご利用いただいています。

導入事例はこちらを参照ください。
https://smartat.jp/news/example.php

iPad 無人受付システム Smart at reception
https://smartat.jp/reception/

オフィスIoTセミナーに登壇しました

2018年11月21日、株式会社ウフルで開催された
事例とソリューションから学ぶオフィスIoTセミナー」に登壇しました。

ウフル様のオフィスエントランスでは弊社の「Smart at reception」と「Smart at robo for Pepper」をご導入いただいており、来訪されるお客様を手厚くおもてなししています。

弊社植草より、「オフィスIoTワーキンググループ」の活動内容についてご紹介しました。

弊社植草のパートでは、「IoTでオフィスの生産性を向上!「Smart at reception」 活用事例紹介」として、企業のお客様を離れたところからでも、お待たせすることなくおもてなしする受付ツール「Smart at reception」の
オフィスでの活用事例をご紹介しました。

Smart at reception」の3つの特徴や、Dialpadとの連携についてもお話しました。

今後もM-SOLUTIONSは、「IoTパートナーコミュニティ」の一員として
さまざまな課題をIoTを用いて解決し、IoTビジネスをより推進してまいります。

働き方改革EXPOに出展しました!

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで行われた
働き方改革EXPOに出展しました。
働き方改革法案が成立した直後の開催だったこともあり、
来場者は前年比 15,902 名増の 61,286 名と大盛況の展示会となりました。

弊社ブースでは「クラウドで実現する働き方改革!」をテーマとして掲げ
BizteX株式会社様、株式会社ソウルウェア様、株式会社コラボスタイル様との
4社共同で出展いたしました。

弊社では3製品を展示させていただきました。
・無人受付クラウドサービス「Smart at reception
・シンプルなUI顧客管理ソリューション「Smart at CRM for kintone
・はじめてRPAをご利用される方への導入支援「RPAロボット作成支援

多くのお客様がご来場され、それぞれの製品展示やミニセミナーに耳を傾けてくださいました。





共同出展のBizteX様には、近年注目を集めているRPAクラウドサービス「BizteX Cobit」を展示いただきました。

 

ソウルウェア様には、ICカードをタッチするだけで勤怠管理と交通費精算を実現する「kincone」や、kintone向け帳票ソリューション「RepotoneU」シリーズをご展示いただきました。

コラボスタイル様には、複雑なワークフローでも直感的に作成できる「コラボフロー」を展示いただきました。

スペシャルゲストとして、サイボウズ株式会社のチームワーク総研より
和田様にご来場いただき、世間からも注目を集める
「サイボウズの働き方改革」についてミニセミナーを実施いただきました。

【セミナーのお知らせ】
今回共同出展いただいた各社・サイボウズ社とともに、
働き方改革セミナーを実施いたします。
各社からご提案する具体的な働き方改革の手段について
ぜひご参考にしていただきたいと存じますのでふるってご参加ください。

本当にできる働き方改革
~kintone x RPA で実現するクラウド業務改善セミナー~

<第1回開催>
日時:2018年8月9日(木)15:00~17:20
場所:M-SOLUTIONS株式会社(新宿イーストサイドスクエア)
詳細情報とお申込みは下記URLをご参照ください。
https://m-sol.co.jp/seminar/form/?id=20180809

<第2回開催>
日時:2018年8月30日(木)15:00~17:20
場所:サイボウズ株式会社(東京日本橋タワー)
詳細情報とお申込みは下記URLをご参照ください。
https://m-sol.co.jp/seminar/form/?id=20180830

kintone hive tokyoのライトニングトークに登壇しました

2018年6月14日、新木場STUDIO COASTにて、kintoneユーザーのためのイベント「kintone hive tokyo」が開催されました。

STUDIO COASTは普段ライブ・イベントスペースとして利用されており、ビジネスイベントとは思えない非日常感が演出されていました。


本番直前。会場にはkintoneユーザーの皆様が続々と来場されました。

華々しいオープニングのあと、kintoneユーザーご自身による事例のご紹介があり、選抜5社のユーザーの皆様がkintoneの有効的な利用方法についてお話されました。

kintone hackのコーナーでは、弊社取締役の植草が登壇いたしました。
「ここまでできるkintone」をコンセプトとした、kintoneの可能性を広げるショートセッションです。
弊社の新製品「Smart at CRM for kintone」や「kintoneプラグイン」をご紹介させていただきました。


また、新たに弊社のサービスとして開始して「RPA設定パック」についてもご紹介させていただきました。

さまざまな演出でユーザーを楽しませてくれる「kintone hive」。
今年はkintoneロゴが印字されたお菓子が振る舞われるなど、エンターテイメント性が年々パワーアップしていることが感じられたイベントでした。

Smart at robo、ラベルプリンターと連携しIoT活用をさらに拡大
~PepperのコミュニケーションによりクーポンやQRコードなどの利用を促進~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット Pepperを簡単に動作設定するサービス「Smart at robo for Pepper(スマート アット ロボ フォー ペッパー、以下 Smart at robo」をアップデートし、サトーホールディングス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:小瀧 龍太郎、以下サトー)のプリンターと連携する「ラベルプリンター印刷」など、3つの新機能を追加しましたのでお知らせします。

■活用シーン
ラベルプリンター印刷では、サトーのプリンター「FLEQV(フレキューブ) FX3-LX」と連携し、Pepperを操作することで店舗のクーポンやLINE ID、Wi-Fiの接続情報、訪日外国人向けの英語店舗メニューなどをその場で印刷することが可能となります。またSmart at roboの既存機能と併用することで、Pepper自らが来店されたお客様に近づき、アンケートURLやクーポン用QRコードの印刷を促す発話でコミュニケーションを取ることができ、印刷してもらいやすい状況をつくりだします。印刷の設定は、QRコード・画像印刷などのテンプレートを用意しているため簡単にでき、またオリジナルのテンプレートも簡単に作成することが可能です。

店舗での活用イメージ

画面イメージ

今回の連携にあたり、サトーホールディングス株式会社の小林哲也氏よりコメントをいただいております。

このたび「FLEQV FX3-LX」と「Smart at robo for Pepper」の連携により、お客様のニーズに沿った様々なサービスを提供できることを心より嬉しく思います。「FLEQV FX3-LX」では、用途や使い方に合わせて自由なラベルデザインを行うことが可能で、大切なデータはお客様専用のクラウドストレージで保管・配信できます。今後もサトーはM-SOLUTIONSとともにお客様にとって最適なサービスを提供すべく取り組んでまいります。

サトーホールディングス株式会社 商品企画部
商品企画・システム企画グループ
グループ長 小林哲也

■追加された3つの新機能

機能 アップデート内容
ラベルプリンター印刷 サトーのラベルプリンターへ印刷できるようになりました。指定機種のラベルプリンター(※)が必要です。
Microsoft Flow 連携 Microsoft Flow からPepperを動作させたり、PepperからMicrosoft Flowを動作させることができるようになりました。
YouTube動画再生 YouTubeの動画が自動で再生できるようになりました。

※サトーの「FLEQV(フレキューブ) FX3-LX」(オープン価格)の購入が必要となります。

▼FLEQV FX3-LXの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sato.co.jp/products/printer/fx3/

▼Smart at robo for Pepperの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

第2回シーコン・カンファレンスに出展しました!

2018年3月15日、サイボウズ本社で行われた「第2回シーコン・カンファレンス」に出展しました。

2017年9月に行われた第1回に続き、多くのkintone/Garoonユーザーの方がご来場されました。
入り口ではサイボウズのPepperがお客様をお出迎えし、セミナーのタイムスケジュールをご案内しました。(弊社のSmart at robo for Pepperで動作設定しています)

基調講演の『働き方改革RPA活用最前線 ~デジタルレイバーは人に置き換わるか?~』では日本RPA協会の大角様がご登壇され、非常に多くのお客様がご聴講されました。

ランチセッションでは『ここまでできるkintone、活用事例と12のプラグイン紹介』と題し、弊社のkintone関連サービスと最新プラグイン12種類をご紹介させていただきました。

ランチタイムということでセッションではサンドイッチが振る舞われました。

 

弊社ブースでは、先日プレスリリースにて発表させていただいた「Smart at CRM for kintone」と、kintoneプラグインを展示いたしました。

スペシャルパネルディスカッションでは、弊社取締役の植草も登壇し
マルチクラウドについて熱いトークセッションが行われました。

今後のシーコン・カンファレンスにもご期待ください!

業務にあわせた設定で無理なく使える顧客管理 Smart at CRM に新機能
~ワンクリックでメールの一斉送信ができるオプション機能を追加、業務の簡素化を実現~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、サイボウズ株式会社のkintoneを活用した顧客管理(Customer Relationship Management:CRM)ソリューション「Smart at CRM for kintone(スマート アット シーアールエム フォー キントーン、以下Smart at CRM)」に新機能「メール一斉送信オプション」を追加し、あわせて、Smart at CRMとメール一斉送信オプションをセットにした、お得なセット価格の提供を開始しましたので、お知らせします。
Smart at CRMは、CRM導入時の多機能すぎて機能を絞りたいが、カスタマイズ費用が見合わない項目が多すぎて現場での入力が進まないなどの課題に対し、ユーザー業務にあわせた項目調整が可能な3種類の用途別メニュー(「営業向け顧客管理パック」「サービス販売向け顧客管理パック」「マーケティング向け見込顧客管理パック」)を提供しています。kintoneを活用したシンプルで使いやすいユーザーインターフェースであるため、導入後もユーザー自身による入力項目の追加や削除など柔軟に対応することが可能です。

▼Smart at CRM for kintone の詳細はこちら:https://smartat.jp/crm/

今回追加されたメール一斉送信オプションは、Smart at CRMの顧客データに登録されている複数の宛先へワンクリックで一斉にメールを送信する機能です。例えば、サービス販売向け顧客管理パックで利用される場合は、契約更新が近づいている顧客を絞り込み、該当ユーザーに対して契約更新案内メールを一斉に送信するという作業がSmart at CRMだけで行えるようになります。これまで個別カスタマイズ対応で提供していたものをプラグイン形式にすることで、短期間・低コストでの導入を可能としました。


オプション利用による業務簡素化イメージ

■オプションセット価格(税別)

Smart at CRM 導入費用 + メール一斉送信オプション 初期費用:100万円


*別途kintoneスタンダードライセンスとSendGridの契約が必要となります。
*2年目以降は Smart at CRM 年間保守費用が発生します。

▼価格に関するお問合せはこちら:https://m-sol.co.jp/mail/
報道関係者様向け お問い合わせ窓口
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
E-mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

Smart atカンファレンス2018を開催しました

2018年2月5日、「Smart at カンファレンス2018」を開催しました。
このイベントは「Smart at」 シリーズをご利用いただいているお客様へ
日頃の感謝の意を込めて年に一度開催しているユーザー会です。

弊社代表の佐藤よりご挨拶と、Smart atシリーズの最新トピックスについてお話させていただきました。

また弊社取締役の植草より、9製品となったSmart atシリーズラインナップの最新機能についてダイジェストでお話しさせていただきました。
先日「Smart at reception」の新機能としてリリースされたAI機能や、「Smart at robo for Pepper」のセンサー連携のデモもご覧いただきました。
スムーズなNotesデータ移行を実現できる「Smart at migration」についてもご紹介させていただきました。

また、ユーザー様にもご登壇いただきました。

株式会社ビズリーチの三鍋様には、「Smart at reception」のご導入について背景や効果についてお話いただきました。

アエラホーム株式会社の吉田様には、「Smart at robo for Pepper」の選定からご活用方法、工夫されている点等についてお話いただきました。

株式会社日立物流様は2製品をご導入いただいております。
中澤様には「Smart at CRM for kintone」のご導入や今後のご要望についてお話いただきました。

大谷様には「Smart at robo for Pepper」の多岐にわたるご活用についてお話いただきました。

本編終了後には懇親会が行われ、企業や業種の垣根を越えた交流で賑わいました。

携帯電話を使ったゲームも大盛況でした。お客様に喜んでもらえていれば幸いです。

弊社Smart atは、お客様の業務がより円滑に行えるよう
今後も全力でサポートしてまいります。

Smart at robo、IoT連携を強化するアップデートを実施
~myThings Developersや人感センサーなどIoT機器との連携が簡単にできる新機能追加~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボットPepperの動作設定サービス「Smart at robo for Pepper(スマート アット ロボ フォー ペッパー、以下 Smart at robo)」をアップデートし、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮坂 学)が提供する、「myThings Developers(マイシングスデベロッパーズ、以下 myThings)」との連携など、3つの新機能を追加しましたのでお知らせします。

新機能と活用イメージ

■3つの新機能

myThings連携 天気予報やカレンダー、SNSなどmyThings上に用意されているIoT製品やwebサービス(チャンネル)との連携をプログラム不要で行える機能
IoTセンサークラウド連携 ボタンや人感センサー、マットセンサーなど外部機器との連携をプログラム不要で行える機能
Chatwork通知 メールや既存のチャットツール等に加えて、Chatworkへの通知にも対応

※今回の機能追加による価格変更はありませんが、myThings連携には、別途myThingsとの契約および一部サービス利用料が必要となります。

myThings連携では、雨の予報が出たら傘を持っていくように発話させたり、開始時間の近づいたイベントを案内したり、myThings上の様々なチャンネルとPepperが簡単に連携できる機能を提供します。またIoTセンサークラウド連携では、ボタンや人感センサーなど外部機器との連携機能を提供し、自動ドアが開くタイミングで挨拶をさせたり、レジに設置したボタンとの連携で空きレジの案内をさせたりといった設定が簡単にできるようになり、Pepperの活用の幅を広げることが可能となります。

▼myThings Developersの詳細はこちらをご覧ください。
https://mythings-developers.yahoo.co.jp/

▼Smart at robo for Pepperの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


本件に関するお問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Mail: sbt-pr@tech.softbank.co.jp
URL:http://www.softbanktech.co.jp/corp/


※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

【最大3か月無料】Smart at robo for Pepper新規申込キャンペーン
~プログラマ向けPepperロボアプリ開発本の発売に伴い、期間限定で月額料金が無料~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、Pepperの動作設定サービス Smart at robo for Pepper(スマートアットロボ フォーペッパー「以下Smart at robo」)の基本機能や拡張機能のノウハウを書いた『Pepper最新事例に学ぶロボアプリ開発~Smart at roboに学ぶkintoneクラウド連携とAzure Cognitive Servicesの活用編~(ナレッジオンデマンド)』が発売されたことをお知らせします。また書籍発売に伴い、2018年3月末までSmart at robo月額料金無料キャンペーンを実施します。

▼Smart at robo for Pepper 月額無料キャンペーンお申込みはこちら
https://smartat.jp/mail/

▼書籍『Pepper最新事例に学ぶロボアプリ開発』販売ページはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/490368721X

書籍およびキャンペーンの概要

本書は、Pepperロボアプリを開発しているプログラマ向けに、ロボアプリの開発に役立つSmart at roboのノウハウをアプリの開発・営業担当者がわかりやすく解説しています。今回の書籍発売に伴い、期間限定で月額料金が無料になるキャンペーンを開始します。3月末までにSmart at roboを新規でお申し込みいただくと4月分までの月額料金が無料となります。Pepperを活用した、イベント・展示会を検討している方におすすめです。

Smart at robo for Pepper新規申込キャンペーン概要

内容 2018年3月末までのお申し込みで2018年4月分までの月額料金が無料になります
(通常月額料金:38,000円(税別)/Pepper1台あたり)
※初期費用(200,000円(税別))が発生します
期間 2018年1月24日(水) ~ 2018年3月31日(土)
対象 「Smart at robo for Pepper」を新規でご契約のお客様
お申込みページ https://smartat.jp/mail/

※オプション費用は対象外となります。

▼Smart at robo for Pepperの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


本件に関するお問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Mail: sbt-pr@tech.softbank.co.jp
URL:http://www.softbanktech.co.jp/corp/


※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。。