「道東 x IoT ハッカソン2018」に登壇しました

2018年4月28日・29日、釧路市国際交流センターにて開催された
「道東 x IoT ハッカソン2018 ~IoTで観光課題解決する!~」に参加しました。

ライトニングトークでは、取締役の植草より「M-SOLUTIONS IoT取り組み」として弊社サービスをご紹介させていただきました。
ドローンの飛行データ管理が可能な「Smart at drone」やPepperの簡単動作設定アプリ「Smart at robo for Pepper」、kintone開発等について導入事例を交えながらお話させていただきました。

ハッカソンでは、IoTを活用した観光に関する課題解決や「釧路市民が人に言いたくなる話題のサービス」をテーマに、プログラムやウェブサイト、アプリケーションなどの開発取り組みが紹介されました。

弊社メンバーも2チームに分かれ、それぞれ観光課題の解決案を発表しました。

一方のチーム(Team7)では、釧路の鹿による食害に対し、鹿の嫌がる光を利用して威嚇する対策と、それを逆手に取って発光装置をイルミネーションに見立てることで新たな観光客の誘致を提案しました。

もう一方のチーム(Team8)では、釧路が世界三大夕日スポットであることに着目し、夕日のベストスポット(位置情報)と時間帯をユーザーに通知したり、飲食店とタイアップし夕日の写真を提示することで割引等のサービスを受けられるサービスを提案しました。

審査の結果、夕日スポットの通知を提案したTeam8が「瀬川食品賞」を、鹿対策デートスポットを提案したTeam7が「2位」を受賞しました。

M-SOLUTIONSは今後も様々なIoTサービスをご提供し、皆様の身近な課題を解決すべく精進してまいります。