Smart at messageがアップデート! kintoneとLINEWORKSとの連携を強化!

 

 

 

M-SOLのぷらぐぶろぐをお届けいたします。第16回目は、Smart at message for kintoneの新機能についてお知らせします。

Smart at messageがアップデート!4つの新機能を公開!

Smart at message for kintone(以下Smart at message)は、6月10日に機能のアップデートを行いました。アップデートした機能は次の4つです。

1、LINEWORKSの通知先にグループを通知
2、通知条件のフィールド追加
3、HTML形式のメール通知が可能に
4、送信ログの出力が可能に

上記の機能を1つずつ紹介をしていきます。

LINEWORKSの通知先にグループを通知

今回のアップデートの目玉機能になります。Smart at messageの通知先にLINEWORKSのグループを指定できるようになりました。この機能を使うことで、LINEWORKSのチャット上でkintoneの情報を共有できます。M-SOLでは次の用途で利用しています。

サービスの申込み情報の共有

M-SOLでは、「自社で販売しているkitnoneプラグイン」をkintoneとフォームブリッジを利用して申込み管理しています。元々はkintoneの通知機能で申し込みを把握していましたが、普段のコミュニケーションはLINEWORKS中心のため、見逃してしまったり、すぐに気づけないという課題がありました。

Smart at messageを利用することで、プラグインの申し込みが入ったら、LINEWORKSに通知できるようになりました。その結果、素早く通知に気づくことができ、顧客対応スピードを向上できました。


【M-SOL内での利用事例】プラグイントライアル申込時の通知

“余談だが、グループに通知をするとCEOが素早くリアクションしてくる”


通知条件のフィールド追加

Smart at messageの通知条件のフィールドは、「ラジオボタン」「チェックボックス」「複数選択」「ドロップダウン」「ステータス」の5つに限定されていましたが、今回のアップデートでほとんどのフィールドに対応しました。

【通知条件一覧】※赤字は今回アップデートで追加

HTML形式のメール通知が可能に

メール送信時にHTML形式を選択できるようになりました。この機能を利用することで、視覚的に伝わりやすいメール文面を作成することができます。顧客へのダイレクトメールなどで活用できます。


【HTML形式の記述機能】

“メールにHTMLや画像はもちろん、kintoneのフィールド値も差し込める”


 

送信ログの出力が可能に

メール送信したログを出力できるようになりました。専用アプリを設定することで、各通知の送信状況を把握できます。


【送信ログ確認画面】

“メール送信の結果が分かる”


送信ログ機能の主な利用シーンとしては、設定した通知が想定通り動作しない場合の原因切り分けに役立ちます。

Smart at messageは15日間の無料お試しができます。kintoneとチャットツールを連携させたい方にはとても便利なサービスですので、お気軽にお試しください。

トライアルのお申込はこちらから

こちらのお申込フォームにご入力ください。