Smart at robo、ラベルプリンターと連携しIoT活用をさらに拡大
~PepperのコミュニケーションによりクーポンやQRコードなどの利用を促進~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット Pepperを簡単に動作設定するサービス「Smart at robo for Pepper(スマート アット ロボ フォー ペッパー、以下 Smart at robo」をアップデートし、サトーホールディングス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:小瀧 龍太郎、以下サトー)のプリンターと連携する「ラベルプリンター印刷」など、3つの新機能を追加しましたのでお知らせします。

■活用シーン
ラベルプリンター印刷では、サトーのプリンター「FLEQV(フレキューブ) FX3-LX」と連携し、Pepperを操作することで店舗のクーポンやLINE ID、Wi-Fiの接続情報、訪日外国人向けの英語店舗メニューなどをその場で印刷することが可能となります。またSmart at roboの既存機能と併用することで、Pepper自らが来店されたお客様に近づき、アンケートURLやクーポン用QRコードの印刷を促す発話でコミュニケーションを取ることができ、印刷してもらいやすい状況をつくりだします。印刷の設定は、QRコード・画像印刷などのテンプレートを用意しているため簡単にでき、またオリジナルのテンプレートも簡単に作成することが可能です。

店舗での活用イメージ

画面イメージ

今回の連携にあたり、サトーホールディングス株式会社の小林哲也氏よりコメントをいただいております。

このたび「FLEQV FX3-LX」と「Smart at robo for Pepper」の連携により、お客様のニーズに沿った様々なサービスを提供できることを心より嬉しく思います。「FLEQV FX3-LX」では、用途や使い方に合わせて自由なラベルデザインを行うことが可能で、大切なデータはお客様専用のクラウドストレージで保管・配信できます。今後もサトーはM-SOLUTIONSとともにお客様にとって最適なサービスを提供すべく取り組んでまいります。

サトーホールディングス株式会社 商品企画部
商品企画・システム企画グループ
グループ長 小林哲也

■追加された3つの新機能

機能 アップデート内容
ラベルプリンター印刷 サトーのラベルプリンターへ印刷できるようになりました。指定機種のラベルプリンター(※)が必要です。
Microsoft Flow 連携 Microsoft Flow からPepperを動作させたり、PepperからMicrosoft Flowを動作させることができるようになりました。
YouTube動画再生 YouTubeの動画が自動で再生できるようになりました。

※サトーの「FLEQV(フレキューブ) FX3-LX」(オープン価格)の購入が必要となります。

▼FLEQV FX3-LXの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sato.co.jp/products/printer/fx3/

▼Smart at robo for Pepperの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

業務にあわせた設定で無理なく使える顧客管理 Smart at CRM に新機能
~ワンクリックでメールの一斉送信ができるオプション機能を追加、業務の簡素化を実現~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、サイボウズ株式会社のkintoneを活用した顧客管理(Customer Relationship Management:CRM)ソリューション「Smart at CRM for kintone(スマート アット シーアールエム フォー キントーン、以下Smart at CRM)」に新機能「メール一斉送信オプション」を追加し、あわせて、Smart at CRMとメール一斉送信オプションをセットにした、お得なセット価格の提供を開始しましたので、お知らせします。
Smart at CRMは、CRM導入時の多機能すぎて機能を絞りたいが、カスタマイズ費用が見合わない項目が多すぎて現場での入力が進まないなどの課題に対し、ユーザー業務にあわせた項目調整が可能な3種類の用途別メニュー(「営業向け顧客管理パック」「サービス販売向け顧客管理パック」「マーケティング向け見込顧客管理パック」)を提供しています。kintoneを活用したシンプルで使いやすいユーザーインターフェースであるため、導入後もユーザー自身による入力項目の追加や削除など柔軟に対応することが可能です。

▼Smart at CRM for kintone の詳細はこちら:https://smartat.jp/crm/

今回追加されたメール一斉送信オプションは、Smart at CRMの顧客データに登録されている複数の宛先へワンクリックで一斉にメールを送信する機能です。例えば、サービス販売向け顧客管理パックで利用される場合は、契約更新が近づいている顧客を絞り込み、該当ユーザーに対して契約更新案内メールを一斉に送信するという作業がSmart at CRMだけで行えるようになります。これまで個別カスタマイズ対応で提供していたものをプラグイン形式にすることで、短期間・低コストでの導入を可能としました。


オプション利用による業務簡素化イメージ

■オプションセット価格(税別)

Smart at CRM 導入費用 + メール一斉送信オプション 初期費用:100万円


*別途kintoneスタンダードライセンスとSendGridの契約が必要となります。
*2年目以降は Smart at CRM 年間保守費用が発生します。

▼価格に関するお問合せはこちら:https://m-sol.co.jp/mail/
報道関係者様向け お問い合わせ窓口
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
E-mail:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

Smart at robo、IoT連携を強化するアップデートを実施
~myThings Developersや人感センサーなどIoT機器との連携が簡単にできる新機能追加~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボットPepperの動作設定サービス「Smart at robo for Pepper(スマート アット ロボ フォー ペッパー、以下 Smart at robo)」をアップデートし、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮坂 学)が提供する、「myThings Developers(マイシングスデベロッパーズ、以下 myThings)」との連携など、3つの新機能を追加しましたのでお知らせします。

新機能と活用イメージ

■3つの新機能

myThings連携 天気予報やカレンダー、SNSなどmyThings上に用意されているIoT製品やwebサービス(チャンネル)との連携をプログラム不要で行える機能
IoTセンサークラウド連携 ボタンや人感センサー、マットセンサーなど外部機器との連携をプログラム不要で行える機能
Chatwork通知 メールや既存のチャットツール等に加えて、Chatworkへの通知にも対応

※今回の機能追加による価格変更はありませんが、myThings連携には、別途myThingsとの契約および一部サービス利用料が必要となります。

myThings連携では、雨の予報が出たら傘を持っていくように発話させたり、開始時間の近づいたイベントを案内したり、myThings上の様々なチャンネルとPepperが簡単に連携できる機能を提供します。またIoTセンサークラウド連携では、ボタンや人感センサーなど外部機器との連携機能を提供し、自動ドアが開くタイミングで挨拶をさせたり、レジに設置したボタンとの連携で空きレジの案内をさせたりといった設定が簡単にできるようになり、Pepperの活用の幅を広げることが可能となります。

▼myThings Developersの詳細はこちらをご覧ください。
https://mythings-developers.yahoo.co.jp/

▼Smart at robo for Pepperの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


本件に関するお問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Mail: sbt-pr@tech.softbank.co.jp
URL:http://www.softbanktech.co.jp/corp/


※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

【最大3か月無料】Smart at robo for Pepper新規申込キャンペーン
~プログラマ向けPepperロボアプリ開発本の発売に伴い、期間限定で月額料金が無料~

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、Pepperの動作設定サービス Smart at robo for Pepper(スマートアットロボ フォーペッパー「以下Smart at robo」)の基本機能や拡張機能のノウハウを書いた『Pepper最新事例に学ぶロボアプリ開発~Smart at roboに学ぶkintoneクラウド連携とAzure Cognitive Servicesの活用編~(ナレッジオンデマンド)』が発売されたことをお知らせします。また書籍発売に伴い、2018年3月末までSmart at robo月額料金無料キャンペーンを実施します。

▼Smart at robo for Pepper 月額無料キャンペーンお申込みはこちら
https://smartat.jp/mail/

▼書籍『Pepper最新事例に学ぶロボアプリ開発』販売ページはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/490368721X

書籍およびキャンペーンの概要

本書は、Pepperロボアプリを開発しているプログラマ向けに、ロボアプリの開発に役立つSmart at roboのノウハウをアプリの開発・営業担当者がわかりやすく解説しています。今回の書籍発売に伴い、期間限定で月額料金が無料になるキャンペーンを開始します。3月末までにSmart at roboを新規でお申し込みいただくと4月分までの月額料金が無料となります。Pepperを活用した、イベント・展示会を検討している方におすすめです。

Smart at robo for Pepper新規申込キャンペーン概要

内容 2018年3月末までのお申し込みで2018年4月分までの月額料金が無料になります
(通常月額料金:38,000円(税別)/Pepper1台あたり)
※初期費用(200,000円(税別))が発生します
期間 2018年1月24日(水) ~ 2018年3月31日(土)
対象 「Smart at robo for Pepper」を新規でご契約のお客様
お申込みページ https://smartat.jp/mail/

※オプション費用は対象外となります。

▼Smart at robo for Pepperの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


本件に関するお問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Mail: sbt-pr@tech.softbank.co.jp
URL:http://www.softbanktech.co.jp/corp/


※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。。

戸田建設における作業現場ポータルに「kintone」採用
〜現場の生産性向上のため協力会社と円滑に情報共有、基幹システムと連携し、1万人が活用〜

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤光浩、以下M-SOL)と、サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久、以下サイボウズ)は、戸田建設株式会社(本社:東京都中央区、社長:今井雅則、以下戸田建設)の建設作業現場における情報ポータルとして、「kintone(キントーン)」が採用されたことを発表します。1万人超の大規模利用に加え、現状約3700社の協力会社との情報共有および取り引きにもご活用いただいています。

■情報共有インフラ活用で「生産性No.1の作業所」を目指す
通常建設現場では、作業所ごとに建設会社・工務店・資材関係会社など、様々な協力会社が連携して作業を行います。ゼネコン業界で「生産性No.1・安全性No.1の進化」と「差別化価値の獲得」という目標を掲げる戸田建設は、この作業所における情報共有手段にICTを活用することを決定しました。
「情報共有の容易さ」「規模感に見合う運用性」そして、誰でも簡単に使える「操作性」という要件を満たすだけでなく、kintone特有の「メンテナンスの手軽さ」や「今後の拡張性」といった点が評価され、採用となりました。
また、今回は複数のkintoneディベロッパーが開発支援を行っており、その中でM-SOLが中心として取りまとめを行い、プロジェクトをけん引しました。M-SOLは、サイボウズのパートナーとして豊富な実績があり、プロジェクト全体の進行管理および、戸田建設の要件に合わせたkintoneのカスタマイズを担当しました。
アプリ制作にあたっては、kintoneの特性を最大限に活かし、モックアップでイメージを共有しながら画面を構築し、あとから機能を足していくというアジャイル開発により、わずか3か月という短期間で立ち上げを実現し、開発期間の圧縮に貢献しました。

■常時約400の作業所ポータルを運用
戸田建設では大小合わせて年間400を超える建築・土木のプロジェクトを手掛けており、プロジェクトごとに現場事務所である「作業所」が設置されます。今回kintoneにて構築された「作業所ポータル」では、作業所で行われる申請書類の作成や行事予定 、協力会社との各種調整、本部への報告業務などさまざまな業務の負担を軽減するため機能や、協力会社向けのマニュアルが提供されています。
また、基幹システムと連携することで、本社や支店では作業所からの報告内容がいつでも確認できるようになっており、以前は作業所ごとに確認していた従業員の業務や休暇などの状況をkintone上から一覧で確認できるなど、本社と作業所間の情報共有やコミュニケーションの円滑化を実現しています 。

現在、戸田建設と3500を超える協力会社間で約1万ユーザーがkintoneを利用しています。今後2020 年頃までに1万5000ユーザー以上の規模となる見込みです。


▼ 導入事例の詳細はこちらをご覧ください。
M-SOL:
https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/case/toda.php


サイボウズ:
https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/todakensetsu.html


▼ サイボウズの提供するkintoneの詳細はこちらをご覧ください。
https://kintone.cybozu.com/jp/
▼ M-SOLの提供するkintone関連サービスの詳細はこちらをご覧ください。
https://m-sol.co.jp/service/kintone.php


■kintoneとは?
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:皆口、吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
メール:sbt-pr@tech.softbank.co.jp
URL:http://www.softbanktech.co.jp/corp/

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

iPadを利用した無人受付システムに音声認識とAI学習機能を追加

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、iPadを使った無人受付システム「Smart at reception(スマート アット レセプション)」に新機能を追加しましたのでお知らせします。

■Smart at receptionの新機能

Smart at receptionは、無人受付システムのクラウドサービスです。有人受付や電話機のみ受付といったオフィス受付の課題として「コスト削減(無人化)」「電話取次の負担削減」「受付カードの電子化(来訪社管理)」などがあります。本サービスは一般的な電話応対の他、QRコードでの受付をメールやチャットで対応者に来訪をお知らせするなど、お客様にあった受付スタイルを提供します。
今回のアップデートでは、音声認識/AI学習機能を追加しました。氏名や部署名を音声で認識することに加えて、過去の認識情報から最適な候補をディスプレイに表示します。本機能は、文字入力による訪問者検索と比較して、来訪者の受付時間の削減に貢献します。
なお、機能追加による月額利用料金の追加・変更はございません。

※2018年4月よりライト版は新価格での提供になります。ただし、2018年3月までにご契約のお客様については、月額料金に変更はございません。

■ 3つの新機能

音声認識/AI学習 音声による受付と、過去の認識情報から最適な候補を表示するためのAI学習機能
LINE WORKS通知 メールやSlackに加えて、LINE WORKSへの通知にも対応
受付番号対応 QRコードのほか、ビル管理システムから発行される番号での受付にも対応

▼Smart at receptionの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/reception/


本件に関するお問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

kintoneプラグインのパッケージサービス 「プラグインエコシステム」の販売を開始
~kintoneの活用支援を目的としたパートナー連携も強化~

kintoneの開発支援・プラグイン提供を行うM-SOLUTIONS株式会社は、このたび、株式会社ジョイゾー、株式会社ソウルウェア、ラジカルブリッジの3社と、kintoneプラグインのパッケージサービス「プラグインエコシステム」を販売開始しますのでお知らせします。

■kintoneプラグインエコシステムの概要

アプリケーション開発において、顧客の要件をすばやく反映しながら開発を進めるアジャイル開発の需要が増加しています。
サイボウズ株式会社の提供する業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」は、アジャイル開発に最適で、ユーザー自身が簡単な開発を行えることが特徴です。また、ユーザー自身による開発を支援するため、アプリケーションにノンコーディングでカスタマイズを追加できるようになる「kintone」向けプラグインがあります。しかし、現状、プラグインは各社個別に提供されており、その仕様も様々なことから、目当てのプラグインを探すところから、データ連携や構築の検証、各社ごとに購入といった手間がかかってしまいます。

今回、M-SOLUTIONSは、「kintone」のパートナー同士が連携することでユーザー利便性をさらに高めることを目的に、上記3社の提供するプラグインと、自社プラグインをパッケージサービスとして特別価格で提供する「プラグインエコシステム」を販売開始します。

また、上記4社を創立メンバーとして、kintoneおよびプラグインの開発や普及活動によってkintoneエコシステムの発展を目指す団体「kintoneぷらぐ委員会」の設立に向けた活動を開始します。本委員会は、2017年12月 の設立を目指し、今後活動方針・内容を策定したうえで、広くkintoneパートナー企業や関連企業に参加を呼びかけ、ユーザー自身が業務アプリを開発できる幅を広げることに貢献してまいります。

▼kintoneプラグインエコシステムのお問い合わせはこちらまで
https://m-sol.co.jp/contact/?check=plugin

■kintoneプラグインエコシステム サービス内容
M-SOLUTIONS+ジョイゾー

サービス名 サービス内容 価格(税抜)
プラグイン39
テーブル編集+検索セット
・テーブル編集ビュープラグイン
・検索プラグイン
検索で絞り込んだレコード内のテーブルを、kintoneアプリの一覧上で編集できる機能です。
問い合わせ管理などの業務に利用できます。
39万円
プラグイン39
レコード一括更新+検索セット
・レコード一括更新プラグイン
・検索プラグイン
検索で絞り込んだ情報を一括更新することができる機能です。
会員管理などの業務に利用できます。
39万円

M-SOLUTIONS+ソウルウェア

サービス名 サービス内容 価格(税抜)
見積管理セット(PDF)
帳票サービス+検索・集計セット
・RepotoneU PDF
・検索・集計プラグイン
kintone上で作成した見積を簡単に検索・集計できる機能です。
59万円

M-SOLUTIONS+ラジカルブリッジ

サービス名 サービス内容 価格(税抜)
イベント管理セット
日報セット
・カレンダーPlus
・検索プラグイン
イベントをカレンダーで表示し、必要な情報のみを絞り込んで表示できる機能です。
イベントや日報の管理業務に役立ちます。
39万円

M-SOLUTIONS、株式会社ジョイゾー、株式会社ソウルウェア、ラジカルブリッジは、今後も、サービスの品質向上と、kintone開発における新たな価値の創出を目指して、お互いの技術と知識を活用しながら、自社の強みをさらに強化するべく連携してまいります。


本件に関するお問い合わせ先
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:皆口、吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Mail: sbt-pr@tech.softbank.co.jp
URL:http://www.softbanktech.co.jp/corp/


※本プレスリリースに記載の会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。。

PepperとLINE WORKSを連携しお客さまの訪問をお知らせ
Pepperが自ら移動をする機能も追加し能動的なお客さま対応を実現

Pepperパートナープログラム ロボアプリパートナー(Advanced)のM-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、誰でも簡単にPepperの動作設定が可能なロボアプリ「Smart at robo for Pepper(スマート アット ロボ フォー ペッパー)」に新機能を追加しましたのでお知らせします。

今回のアップデートでは、ワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊)が提供するビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」へ通知をする機能を追加しました。またPepperが「人に近づく」、「呼んだら来る」といった機能や、「前後・左右への移動」、「角度を指定した回転」の機能も追加しました。

■利用シーン
Pepperは店舗での接客や企業での受付などさまざまなシーンで利用されていますが、今までは人が近づいてきてから会話やジェスチャーなどの動作を行っていました。しかし、自らが進んでお客さまに近づいたり、呼ばれた方向へ進むことで、より多くのお客さまとコミュニケーションをとることが可能になり、さらに前後・左右への動き、回転を行うことで表現豊かな動作も行えるようになりました。

また、これらの動作とLINE WORKSを連携し通知を行うことで、お客さまの来訪を即時にお知らせすることが可能となります。さらにSmart at robo for Pepperのオプション機能である顔認証と組み合わせることで、特定のお客さまを認識し、そのお客さまの来訪を担当者別にLINE WORKSへ通知、個別の対応を行うことができます。

▼Smart at robo for Pepperおよびアップデートの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


※ ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社が独自開発したアプリケーションです。
※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


報道関係者様向け お問い合わせ窓口
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 管理本部 経営企画部 皆口、吉田
TEL:03-6892-3063  Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

【導入事例】資生堂の研究拠点における情報インフラをkintoneで刷新
約20年間利用したデータベースを自社で移行できる環境を3ヶ月で構築

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)とサイボウズ株式会社(東京オフィス:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久、以下サイボウズ)は、株式会社資生堂(本社: 東京都港区、グループCEO:魚谷 雅彦、以下資生堂)の研究開発拠点における情報インフラとして、既存のIBM Notes(以下、Notes)環境からkintoneへの移行支援を行いましたので、お知らせします。

情報管理の負担を大きく軽減させたkintone

資生堂は、90 年代後半から Notes で構築され運用してきた約500個の掲示板やデータベースと、約40チームの研究テーマを統合管理してきた Excel での運用管理を改善するために、両者を刷新するクラウド基盤への移行を決定しました。
「スピード」、「移行コスト」、そして「24時間のサービスが可能なインフラ」という要件を満たすだけでなく、グローバル化に向けたインターフェースの英語化や 新しいICT戦略を実現する情報共有のシンプルな仕組みの実現に最適な基盤として、今回、サイボウズのkintoneが採用されました。
M-SOLは、サイボウズのパートナーとして豊富な実績があり、今回、プロジェクト全体の進行および、独自サービスである「Smart at migration」を利用したNotes DBの移行支援、Excel関連のアプリ制作を担当します。移行にあたっては、kintoneの特性を最大限に活かし、イメージ を共有しながら画面を作り、あとから機能を足していくというアジャイル開発により、移行期間の圧縮に貢献しました。これにより、移行に必要となる人件費や、プロジェクト進行作業にかかるコスト削減が実現されました。

 

▼ サイボウズの提供するkintoneの詳細はこちらをご覧ください。
https://kintone.cybozu.com/jp/

 

▼ M-SOLの提供するNotes移行ツール「Smart at migration」の詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/migration/

 

■株式会社資生堂について

代表者 魚谷 雅彦
所在地 東京都港区東新橋1-6-2
事業内容 化粧品やヘルスケア製品の開発、製造、販売
URL http://www.shiseido.co.jp/

※ Notesは、International Business Machines Corporation の米国およびその他の国における商標です。
※ その他、本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です


報道関係者様向け お問い合わせ窓口
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 管理本部 経営企画部 皆口、吉田
TEL:03-6892-3063  Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

データもドローンも簡単管理「Smart at drone」に自動航路生成など新機能追加
ドローン操縦アプリ「DJI GO」「DJI GO 4」とも連携、9割以上のドローンで利用可能に拡張

IoTアプリ開発に豊富な実績をもつM-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、ドローン総合管理サービス「Smart at drone(スマート アット ドローン)」をバージョンアップしましたのでお知らせします。また、今回のバージョンアップにあたり、民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJI社のドローンに対応したことで、Smart at drone は流通しているドローンの9割以上に対応しました。

Smart at droneバージョンアップの注目ポイント

Smart at droneは、「簡単操作でドローンの活用を」をコンセプトに、農業における農作物の生育状態の確認や、建築業における建物や道路の検査など幅広い分野で、ドローンによるデータ分析やドローンの管理作業を効率化する総合管理サービスです。

今回のバージョンアップでは、技術者以外でも簡単にドローンの航路を設定可能な「自動航路生成」機能や、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利)の電子証明書を利用したセキュリティ強化「デバイスID認証」を実装しました。

さらに、無人自動空撮システムの世界シェアNo,1のDJIが提供するドローンに対応し、市場に流通するドローンのうち、およそ9割の機種で利用可能となります。DJIのドローン操縦アプリ「DJI GO」、「DJI GO 4」に対応し、飛行航路データをSmart at droneに取り込み、動画とセットで航路の表示が可能です。

■バージョンアップの詳細
Smart at droneは、撮影した動画と航路情報を取り込み、動画と航路を同時に参照しながら、気になる箇所をクリッピングし、コメントが入力できます。また、簡単にレポート化して、クラウド上で共有することが可能です。今回、これらの基本機能に加えて、下記の機能が追加されました。

分類 機能 アップデート内容
新機能 自動航路 始点と航行範囲の4点を指定することで、自動で航路が設定できます。高度、速度、航行密度もカスタム可能です。
デバイスID 特定のPCからしかSmart at droneを使えないようにすることで、セキュリティを強化します。
拡大表示 動画の一部分を拡大して表示することができます。
全画面表示 サービス画面の枠内だけではなく、全画面表示で動画を表示できます。
DJI連携 航路情報 DJIのドローン操縦アプリ「DJI GO」、「DJI GO 4」の航路データを、Smart at droneで航行情報の表示が可能です。

 

▼ Smart at droneに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/drone/

■DJIについて
民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画、広告、建設、消防や農業をはじめとする多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

DJIホームページ:http://www.dji.com/ja

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのIoTアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットやドローンはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、IoTアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

報道者向け お問い合わせ窓口
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
コーポレーションコミュニケーショングループ 皆口、吉田
TEL:03-6892-3063     Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

 

本ドキュメントでは、フォントワークス株式会社のフォント[ UD角ゴ ラージ Pro ]を使用しています。