働き方改革セミナーを行いました

2017年12月11日に、東新宿オフィスで、「働き方改革セミナー ~働き方改革の主役、総務部門の仕事改革の実現に向けて~」を行いました。

セミナー本編では、「効率性と創造性」をキーワードに仕事改革への考え方、実際に働き方改革を実現している事例とともに総務部門でできる働き方改革のヒントをご紹介いたしました。

第1部では、ウィズワークス株式会社 取締役『月刊総務』編集長 豊田様より、
働き方改革の主役、総務部門の仕事改革の実現」についてお話しいただきました。

全社の働き方改革の前に、総務自身の仕事改革が必須。「戦略総務」を実現するためにも、まずは総務の仕事改革。多くの取材を通じて見えてきた、その考え方と実現方法についてご紹介いただきました。

第2部では、株式会社ミクシィ 佐藤様 、ソフトバンク・テクノロジー株式会社 橘様、サイボウズ株式会社 恩田様にご登壇いただき、現場でのIT活用事例についてトークセッションを行いました。

ITをどのように働き方改革へ活用したか、IT化により実感している効果や課題
可能性について、ご登壇者様にお話しいただきました。

サイボウズ株式会社 恩田様には、kintoneを使った総務部門の働き方改革についてご紹介いただきました。
https://cybozu.co.jp/sp/workstyle/lp/kintone/general-affairs.html

社員自身で総務への定常的な問合せの回答が見つけられるように整備した、kintoneを活用した情報共有ポータルについてお話いただきました。

株式会社ミクシィ 佐藤様には、情シス・総務・労務などが一体となり、最適な職場環境を提供するはたらく環境課での取り組みについて、ご紹介いただきました。あえて、社員にはアンケートを取らずに、はたらく環境課が考える最適な職場環境を提供するといったお話に、トークセッション中たびたび感嘆の声が上がりました。

ソフトバンク・テクノロジー 橘様には、先進と自然の調和をコンセプトにした
オフィス設計についてご紹介いただきました。

http://www.softbanktech.co.jp/corp/recruit/office/

エントランスのご紹介では、自然を感じられるおもてなしの空間であると同時に、サイネージやPepperと連動したiPadによる受付システムで、お客様が実際に最新サービスを体感いただける様に設計されているショールームとしての役割についてお話いただきました。

3社3様の、ITを活用した働き方改革について、大変貴重なお話を伺いました。

トークセッション中に働き方改革を実現したサービスの一つとして話題に上がった製品について、弊社取締役 植草よりご紹介しました。

Smart at reception (iPadを使った無人受付システム)
Smart at robo (Pepper動作設定アプリ)
kintone(開発の知識がなくてもシステムをかんたんに作成できる、サイボウズのクラウドサービス)


質疑応答では、総務業務の改革について様々な情報が交換されました。

セミナー会場では、本日のセッションで紹介されたサービスのデモ展示やミニセミナーを行いました。

ミニセミナーでは、kintoneを使った業務効率化について弊社大島よりお話させていただきました。

kintoneのカスタマイズ事例はこちら
https://m-sol.co.jp/service/kintone.php

本セミナーではITを活用した働き方改革の実現例や、効果についてご紹介させていただきました。
今後も、各種セミナーの実施を予定しております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

詳細は、セミナー一覧ページより、ご確認ください。

セミナー一覧ページ
https://m-sol.co.jp/seminar/

IoTパートナーコミュニティフォーラム2017に出展しました

2017年12月19日、虎ノ門ヒルズにて開催された「IoTパートナーコミュニティフォーラム2017」に出展いたしました。

協創を通じてIoTビジネスを創出するビジネスコミュニティ「IoTパートナーコミュニティ」の2017年7月~2017年12月のターム(Season-3)での活動成果と2018年1月~6月 (Season-4) の活動計画を共有する場として、IoTパートナーコミュニティフォーラムが開催されました。

弊社ブースでは簡単にPepperの動作設定ができる「Smart at robo for Pepper」とマットセンサーの連携を展示しました。

オフィスIoT WGでは、「テストベッド構築事例から見るオフィスIoT」と題し、
株式会社ウフル 松浦様、弊社 取締役植草より、「総務Pepper」を始めとするオフィスで活用するIoTソリューションの活用事例についてお話しました。

協賛講演では、「オフィスIoTサービスと最新事例の紹介」と題して、弊社取締役 植草よりオフィスにおけるIoT連携のPepperサービス、受付サービスの概要と最新事例についてお話しました。


ウェアラブル活用WGでは、「ウェアラブル活用による生産性向上への取組」について株式会社Enhanlabo 座安様がご登壇されました。
「視覚拡張」をキーコンセプトにしたメガネ型ウェアラブル端末「b.g(ビージー)」プロトタイプの概要についてご紹介いただきました。

IoTパートナーコミュニティ」については、こちらも併せてご参照ください。
http://iot.uhuru.co.jp/partner/

SoftBank Robot World 2017に出展しました

2017年11月21・22日、ベルサール汐留にて開催された
SoftBank Robot World 2017」に出展いたしました。

Pepperの他、Boston Dynamics や Brain Corporationなど、たくさんの業務ロボットが展示され、多数のお客様が来場されました。

弊社ブースでは簡単にPepperの動作設定ができる「Smart at robo for Pepper」を展示、2台のPepperを連携し、掛け合いを披露しました。

Pepperの複数台連携も、「Smart at robo for Pepper」で簡単に実現することが可能です。設定画面はこちら。

協賛社ミニセッションでは、「Smart at robo 15の事例大公開」と題して、「Smart at robo for Pepper」を導入いただいたお客様事例を実名でご紹介させていただきました。

当日は、「Pepper App Challenge 2017 Autumn」も同時開催され、開場は大盛況でした。

弊社は大阪で開催された「Pepper for Biz Day in 大阪」にも出展いたしました。合わせてご覧ください。

Pepper for Biz Day in 大阪に出展しました

Cybozu Days Osaka 2017 に出展しました

2017年12月5日・6日、グランフロント大阪にて行われた
Cybozu Days Osaka 2017」に出展いたしました。

11月に実施された「Cybozu Days Tokyo 2017」に引き続き、
弊社ではkintone事例を大公開いたしました。
kintone大規模開発
Smart at migration
kintoneプラグイン
Smart at robo for Pepper

幕張同様多くのお客様が来場され、弊社の製品や事例について
説明させていただきました。

大阪でも、展示をご覧いただいたお客様には
お父さんグッズなどのノベルティをプレゼントいたしました。

多くのご来場者で猫の手も借りたい状況となり、
見かねたボウズマンがチラシ・ノベルティ配りを手伝ってくれました!

また、株式会社ジョイゾー様の協賛社ミニセミナーでは、
弊社とジョイゾー・ソウルウェアラジカルブリッジの4社による
kintoneぷらぐ委員会」の設立が発表されました。

2日間にわたるイベントは大盛況で幕を閉じました。
「Cybozu Days Tokyo 2017」の出展についても合わせてご覧ください。
https://m-sol.co.jp/news/2017/11/15/cybozudaystokyo2017/

Pepper for Biz Day in 大阪に出展しました

2017年12月1日、「Pepper for Biz Day in 大阪」に出展いたしました。


Pepperをご購入をご検討中の方やご利用中のお客様向けのイベントで、
会場内は活気が溢れていました。

弊社ではPepperの簡単動作設定アプリ「Smart at robo for Pepper」を展示し、Pepperとセンサーマットの連携デモをご覧いただきました。

アプリ開発パートナーの開発事例セッションでは、弊社営業担当より
Smart at robo for Pepper」の事例や最新機能を紹介させていただきました。

弊社では、ロボット・Pepperに関するセミナーの実施を予定しております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

詳細は、セミナー一覧ページより、ご確認ください。

セミナー一覧ページ
https://m-sol.co.jp/seminar/

ロボット最新事例紹介セミナーを実施しました(セミナー編)

2017年10月30日、パソナテック本社にて「ロボット最新事例 紹介セミナー」を開催いたしました。

アスラテック株式会社 羽田様より、「世界の働くロボット最前線」についてお話しいただきました。

開発や連携サービス(ロボット制御システム「V-Sido OS」)の利用により、更に幅広い業務改善ができる事例をご紹介いただきました。

ロボット、AIが社会に浸透し始めようとしている2017年。
世界で働くロボットや、生産性向上のためにロボットをいかに導入し、
運用すべきかについてご紹介いただきました。

ソフトバンクロボティクス株式会社 矢野様より、「ちゃんと活用できている企業は知っているPepper活用のコツ」についてお話しいただきました。
Pepper for Bizの導入企業が増えてきている今、どういう点に注意すると効果のある活用ができるのか、コミュニケーションロボットならではのコツについてご紹介いただきました。

株式会社パソナテック 長谷川様より、「Pepper派遣!! 購入前に効果を判断、具体的事例からの活用方法紹介」をお話しいただきました。
Pepperを様々な場面で短期利用、顔認証など様々な機能を標準搭載したワングレードアップしたPepperでの活用事例についてご紹介いただきました。

グローリー株式会社 上田様より、「グローリーの顔認証技術で拡がる世界」をお話しいただきました。
顔認証技術で、Pepperとお客様の心の距離をぐぐっと近づける効果的な活用方法についてご紹介いただきました。市場で実績を重ねたグローリー顔認証技術は、Smart at robo のオプションサービスとしてご提供いただいております。

最後に、弊社 植草より、「Pepperを簡単に活用!柔軟で簡単な操作サービス Smart at robo 最新事例紹介」についてお話ししました。
Smart at robo」の多くの事例から、どのように業務をPepperが行っているのか、顔認証や遠隔操作など新機能とともにご紹介させていただきました。

質疑応答では、今後のロボット活用についての様々お悩みについて、登壇者より様々な活用事例をご案内しました。ご質問いただいた方には、ソフトバンクロボティクス株式会社様ご提供のPepperノベルティが贈呈されました。

セミナー前には、パソナテック本社の魅力的なオフィスをご紹介いただきました!
オフィスツアー編も併せてご参照ください。
https://m-sol.co.jp/news/2017/11/17/robot20171030_1/

今回のセミナーも多くのロボット最新事例や、活用法を紹介させていただきました。今後も、ロボット・Pepperに関するセミナーの実施を予定しております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

詳細は、セミナー一覧ページより、ご確認ください。

セミナー一覧ページ
https://m-sol.co.jp/seminar/

ロボット最新事例紹介セミナーを実施しました(オフィスツアー編)

2017年10月30日、パソナテック本社にて「ロボット最新事例 紹介セミナー」を開催いたしました。

当日は来場者特典としてパソナグループの「大手町牧場」見学ツアーを実施しました。

大手町牧場」では、牛、ヤギ、ミニブタ、アルパカ、フクロウ、烏骨鶏、フラミンゴなどたくさんの動物が飼育されていました。

こんなに近くで、アルパカと対面できます!

大手町牧場
http://www.pasonagroup.co.jp/otemachi_bokujo/

併設されている大手町牧場カフェでは、ソフトクリームや、烏骨鶏丼が味わえるそうです!

乳製品作り体験講座 (アイスクリーム、チーズ等)など、お子さんと一緒に楽しめる催しが定期的に開催されています。都会に居ながらにして、酪農や動物について改めて考える貴重な体験となりました。

セミナー開始前に、移転したばかりのユニークな新オフィスをご案内いただきました!

セミナー編も併せてご参照ください。
https://m-sol.co.jp/news/2017/11/17/robot20171030_2/

Cybozu Days Tokyo 2017 に出展しました

2017年11月8日・9日、幕張メッセにて行われた
Cybozu Days Tokyo 2017」に出展いたしました。

今年のテーマは「壁を超える」。
競技場をイメージした会場では、サイボウズ製品の紹介はもちろん
ユニークなイベントが多く実施され、著名人ゲストなども登場しました。

体力測定コーナー、ブラインドサッカーコーナーなどもあり
連日大盛況でした。

サイボウズ商店も開店していました。
おしゃれなトートバッグ、タオル、モバイルバッテリーなど
弊社社員も思わず爆買い!

弊社ブースではkintone事例を大公開。
kintone大規模開発
Smart at migration
kintoneプラグイン
Smart at robo for Pepper
の事例についてパネルでご紹介させていただきました。

また、競合の壁を超え、
株式会社ジョイゾー様、株式会社コラボスタイル様のブースには
弊社との協業パネルを掲示いただきました。

弊社ブースにはkintoneユーザーの方、kintone導入を検討中の方など
多くのお客様がいらっしゃいました。
ご来場いただいた方にはノベルティをプレゼント。

協賛社ミニセミナーでは、弊社取締役の植草より
「kintoneをもっと便利に!10のプラグイン活用術と事例紹介」として
10種類になったM-SOLUTIONSのkintoneプラグインをいち早くご紹介いたしました。

セミナー内では請求書マン(コクヨ株式会社 山崎様)がゲストとして登場し、「RepoTOVAS」についてご紹介いただきました。

基調講演のゲスト、西野亮廣さんが各社ブースを見学されました。
西野さんにkintoneについてご説明する弊社取締役。

基調講演では、サイボウズ株式会社の伊佐様より「提供企業の壁を超えたプラグインパック」として、
・M-SOLUTIONS × 株式会社ジョイゾー の「プラグイン39
・M-SOLUTIONS × ラジカルブリッジ  の「イベント管理・日報セット
・M-SOLUTIONS × 株式会社ソウルウェア  の「見積管理セット
など、協業プラグインを大々的にご紹介いただきました。

2日間にわたり、会場は非常にたくさんのご来場者で賑わいました。
弊社は12月5日・6日にグランフロント大阪で開催される
Cybozu Days Osaka 2017」にも出展いたします。
ぜひご来場ください!!

ASCII.jp掲載 kintone開発・事例インタビュー

この度、弊社のkintone開発、SI事業、Smart at robo for Pepper等の事例について
ASCII.jpにインタビュー記事が掲載されました。

弊社取締役の植草より
kintoneとの出会いから大規模開発、kintoneプラグインの提供、
Pepperの活用等についてご紹介しております。
ぜひご覧ください。

■ ASCII.jpのインタビュー記事はこちら
http://ascii.jp/elem/000/001/558/1558857/

PepperとLINE WORKSを連携しお客さまの訪問をお知らせ
Pepperが自ら移動をする機能も追加し能動的なお客さま対応を実現

Pepperパートナープログラム ロボアプリパートナー(Advanced)のM-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、このたび、誰でも簡単にPepperの動作設定が可能なロボアプリ「Smart at robo for Pepper(スマート アット ロボ フォー ペッパー)」に新機能を追加しましたのでお知らせします。

今回のアップデートでは、ワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊)が提供するビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」へ通知をする機能を追加しました。またPepperが「人に近づく」、「呼んだら来る」といった機能や、「前後・左右への移動」、「角度を指定した回転」の機能も追加しました。

■利用シーン
Pepperは店舗での接客や企業での受付などさまざまなシーンで利用されていますが、今までは人が近づいてきてから会話やジェスチャーなどの動作を行っていました。しかし、自らが進んでお客さまに近づいたり、呼ばれた方向へ進むことで、より多くのお客さまとコミュニケーションをとることが可能になり、さらに前後・左右への動き、回転を行うことで表現豊かな動作も行えるようになりました。

また、これらの動作とLINE WORKSを連携し通知を行うことで、お客さまの来訪を即時にお知らせすることが可能となります。さらにSmart at robo for Pepperのオプション機能である顔認証と組み合わせることで、特定のお客さまを認識し、そのお客さまの来訪を担当者別にLINE WORKSへ通知、個別の対応を行うことができます。

▼Smart at robo for Pepperおよびアップデートの詳細はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/robo/


※ ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社が独自開発したアプリケーションです。
※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


報道関係者様向け お問い合わせ窓口
ソフトバンク・テクノロジー株式会社 管理本部 経営企画部 皆口、吉田
TEL:03-6892-3063  Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp