Smart at robo for Pepper「ミラクルサイネージ連携オプション」の提供決定!ボタンひとつでPepperのディスプレイとデジタルサイネージに表示するコンテンツを連携!

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 達雄、以下ミラクル・リナックス)と共同開発した、ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」とデジタルサイネージの連携機能を、「Smart at robo for Pepper」のオプションサービスとして、2016年4月5日より提供を開始することをお知らせします。

POINT
  • M-SOLとミラクル・リナックスがサイネージ連携機能を共同開発
  • Pepperとデジタルサイネージの連携が可能に
  • Smart at robo for Pepperのオプションとして4/5より提供開始
画面イメージ

■Smart at robo for Pepperのミラクルサイネージ連携オプションについて

Smart at robo for Pepperのミラクルサイネージ連携オプションは、Pepperのディスプレイに表示される画像や動画コンテンツを、デジタルサイネージに表示可能にします。アンケートや質問の回答に応じて、複数のコンテンツを出し分けすることも可能です。Pepperによる集客効果とデジタルサイネージの情報伝達力がシナジーを生み、企業やブランドにおける顧客接点として、コンテンツを通して企業が伝えたいメッセージの訴求力アップや、お客様に対してさまざまな顧客体験を提供し、お客様の感動や満足度の向上が可能になります。

オプション料金

提供内容 料金(税別)
サイネージ連携サービス 5,000円/台(月額)
サイネージ連携用 MVSDS220(デジタルサイネージプレイヤー) 198,000円/台(初期費用)
Wi-Fiオプション(デジタルサイネージプレイヤー Wi-Fi対応機器) 15,000円/式(初期費用)

※ディスプレイは別売りです。
※Pepper本体は別売りです。
※Smart at robo for Pepper の基本料金(38,000円/月)は別途必要です。

想定利用モデル

想定ケース 概要
企業受付 通常は、デジタルサイネージとして表示しておき、Pepperのコンテンツにあわせて会社紹介やアンケート結果などの表示をデジタルサイネージと連携して表示します。
店舗・イベント会場 混雑時などPepperのディスプレイが見えにくい場合でも、高い位置にデジタルサイネージを表示することで、多くのお客様へ情報を提供できます。
会社・サービス紹介 10インチのPepper ディスプレイだけでなく、デジタルサイネージと連携することで
大きなディスプレイにサービスを表示し、演出効果を高めます。2〜3枚など、複数のデジタルサイネージと連携させることで、より効果的な演出も可能です。

▼詳細についてはこちらをご欄ください。
http://smartat.jp/robo/system.php

■Cloud Days 2016出展のお知らせ

「Cloud Days 2016」は、日経BP社が主催するクラウド、ビッグデータ、モバイル&ウエアラブル、セキュリティ&ガバナンスそしてIoTにフォーカスした専門イベントです。出展ブースでは、50インチのディスプレイを利用して「ミラクルサイネージ連携オプション」をご紹介します。

【Cloud Days Tokyo 2016概要】

日時 2016年3月10日(木)~11日(金) 10:30~18:00
会場 ザ・プリンスパークタワー東京
参加費 3,000円 (消費税込、事前登録により無料)
公式サイト http://expo.nikkeibp.co.jp/cloud/2016spring/
出展ブース 小間番号5311サイボウズブース

【Cloud Days Osaka 2016(大阪)概要】

日時 2016年3月17日(木)~18日(金) 10:30~18:00
会場 グランフロント大阪
参加費 3,000円 (消費税込、事前登録により無料)
公式サイト http://expo.nikkeibp.co.jp/cloud/2016spring/osaka/
出展ブース 小間番号812サイボウズブース

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLUTIONSは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

※ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です。
※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email:msol_sales@m-sol.co.jp

「Pepperが省エネのアドバイス」Pepper を活用したHEMSで3社が協業HEMSアプリを搭載した Pepper を「PV EXPO 2016 ~太陽光発電システム施工展~」でお披露目!

POINT
  • 電力自由化を4月に控え、生活者のエネルギー関心が高まる中、Pepperとのコミュニケーションを通じてエネルギー節約を楽しみながら実現できる方法として、ESIのPepper HEMS 構想をM-SOLとシステムズナカシマが共同で開発。

2016年4月1日から始まる電力自由化は、生活者がエネルギーを考えるきっかけになり、今まで以上にエネルギー節約(省エネ)のニーズが高まることが予想されます。M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)、エナジー・ソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森上 寿生、以下ESI)、株式会社システムズナカシマ(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:中島 義雄、以下システムズナカシマ)は、ソフトバンクロボティクスが開発・提供する人型ロボット「Pepper」を活用した「Pepper HEMSアプリ」の開発を開始しましたので、お知らせします。「Pepper HEMSアプリ」は、生活者が「快適な住環境のもと省エネを実現できる」ことを目的として開発を進めます。2016年3月2日から4日まで開催される「PV EXPO 2016 ~第7回太陽光発電システム施工展~」では、「Pepper HEMSアプリ」のプロタイトでデモを実施します。

画面イメージ

■HEMS機能とイベントスタッフ機能を備えた Pepper がPV EXPOでお出迎え

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。環境省が「HEMS利用の価値向上のための調査事業検討会」を開催するなど、普及促進が進んでいます。2016年4月1日からは電力自由化が始まり、生活者が電力の契約先を選択することで、よりエネルギーについて考えるようになることが想定されます。また、Pepperは、2016年1月28日から全国100店舗のソフトバンクショップで購入申込が可能となっており、今後、多くの一般家庭に普及するが予想されます。

今回、ESIでは、家のエネルギーと住環境をPepperがマネジメントして省エネをしながら快適な暮らしをサポートすることをコンセプトとしています。

Pepperは、家のエネルギー消費や太陽光発電・蓄電池の状況を把握し家族構成やライフスタイルに合った省エネのアドバイスと、室内の気温や湿度、CO2の情報から季節や天気に応じて適正にアドバイスを行います。
M-SOLとシステムズナカシマの両社がロボアプリの開発を担当し、「PV EXPO 2016 ~第7回太陽光発電システム施工展~」のESI出展ブースにおいては、「Pepper HEMSアプリ」を備えたPepperの胸のディスプレイで、HEMSの情報を参照したり、省エネの呼びかけするなどを体感していただくことが可能です。

ESIが考案した「Pepper HEMS アプリ」では、クラウドサービスとの組合せで下記の機能を提供する予定です。
(1) エネルギーマネージメントの提供
電力消費状況・太陽光発電状況・蓄電池稼働状況の見える化
天気予報からの太陽光の発電予測・蓄電池充電量予測から、最適な電力供給方法の制御(ESI特許取得)
(2) 住環境マネジメントの提供
室温・湿度・CO2の見える化と快適な住環境にするためのアドバイス

また、出展ブースにおいては、Pepperがお客様を集客して説明を行い、アンケートまで実施します。アンケート結果はリアルタイムに参照することが可能です。

■「PV EXPO 2016 ~第7回太陽光発電システム施工展~」の概要
本イベントは、太陽電池/太陽光発電システムの研究開発・製造に関する国内最大規模の国際商談展です。

日時 2016年3月2日(水)~ 4日(金) 10:00 ~ 18:00(最終日は17:00まで)
会場 東京ビッグサイト(ESIは、ブースNo.E55-36に出展)
参加費 無料(事前申込制)
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
公式サイト http://www.pvexpo.jp/

■ロボアプリ開発における協業について

M-SOLは、サイボウズ株式会社(以下サイボウズ)の業務アプリ開発プラットフォームkintoneを利用したアプリケーション開発や、kintoneをベースにした Pepper 動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」を提供しています。Smart at robo for Pepperは、エンドユーザーの Pepper 活用推進につながるだけでなく、M-SOLのロボアプリ開発効率も飛躍的に向上しました。

システムズナカシマは、kintoneを利用したクラウド版SFA「NICE営業物語 on kintone」を提供しています。kintoneを利用した開発力が評価され、CYBOZU AWARD 2015も受賞しています。

今回、サイボウズ株式会社からの紹介を受け、M-SOLとシステムズナカシマは、「Pepper HEMS アプリ」のロボアプリ開発プラットフォームとして「Smart at robo for Pepper」を利用し、Smart at robo for Pepperだけでは実現できない要件を、kintoneを利用して個別開発しました。

この度、サイボウズパートナー同士の協業に伴い、サイボウズより以下のコメントをいただいています。

「サイボウズは、M-SOLUTIONS株式会社と株式会社システムズナカシマの協業を、心より歓迎いたします。サイボウズの業務改善プラットフォーム「kintone」をベースにしたサービス「Smart at robo for Pepper」はプログラミング経験の有無に関わらず、Pepperの設定が可能となるソリューションです。
少子高齢化が進む日本では、新しい労働力としてロボットが注目を集めており、今回の2社の協業も、国内のロボット活用進展につながるものと確信しております。サイボウズは「kintone」の開発を通じ、M-SOLUTIONSとシステムズナカシマの取り組みを支援してまいります。」

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 栗山圭太

 

M-SOLとシステムズナカシマは、今後もそれぞれの強みを活かし、kintoneをベースとしたロボアプリ開発で協業し、ESIと共に「Pepper HEMSアプリ」を軸とした省エネ推進に取り組んでまいります。

■エナジー・ソリューションズ株式会社について
エナジー・ソリューションズ株式会社は、最新のIT技術を活用して再生可能エネルギーの有効活用と新たなライフスタイルの提案を行い、低炭素社会の実現と地球温暖化防止に寄与することを目指しています。

▼会社概要

代表者 代表取締役社長 森上 寿生
所在地 東京都千代田区二番町3-10 白揚ビル2F
事業内容 ・再生可能エネルギーの導入、運用、管理に関するソリューションシステムの開発及びサービスの提供
・エネルギーマネージメントに関するソリューションシステム、スマートハウス総合支援サイトの開発及びサービスの提供
・PPS事業に関するソリューションシステムの開発及びサービスの提供
・太陽光発電システム設置者を対象としたクラブ、基金団体及び事務局の運営
・環境保全に寄与する新エネルギー関連商品の取扱い及びサービスの提供
URL http://www.energy-itsol.com

■株式会社システムズナカシマについて
株式会社システムズナカシマは、船舶用推進器のトップメーカである、ナカシマプロペラ株式会社のシステム事業部門が分離し、1985年に独立法人として設立されました。長年にわたって蓄積されてきたコンピュータの利用技術とノウハウを活かし、設計部門向けCADシステムの開発からスタートしました。また、営業担当者ごとに抱える案件情報を社内で共有し商談受注率のアップと営業担当者のスキルアップができる営業支援システムなどの開発も行っています。その他、各種システム開発から導入・運用コンサルティングまで幅広く取り組んでいます。

▼会社概要

代表者 代表取締役社長 中島 義雄
所在地 東京都千代田区岩本町2-8-8ユニゾ岩本町二丁目ビル2階
事業内容 ・建築設備用CADシステムの開発/販売
・建築設備業向け顧客管理システムの開発/販売
・営業情報管理システムの開発/販売
・スマートフォン向け各種ソフトの開発/販売
・業務システムの開発・販売 / コンピュータ関連機器の販売
URL http://www.systems.nakashima.co.jp/

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLは、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、M-SOLは、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客さまのビジネス拡大や業務支援に貢献します。

■Smart at robo for Pepperの概要
Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービスです。アプリケーションの開発知識がなくても、Web画面からの操作であいさつやディスプレイ表示などいつでも自由に設定し、Pepperに思いどおりの動きをさせることができるようになります。

▼Smart at robo for Pepperに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/

※ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です。
※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email:msol_sales@m-sol.co.jp

M-SOLUTIONSとパソナテック、Pepper のロボアプリ開発で協業M-SOLの「Smart at robo for Pepper」を活用し、パソナテックがロボアプリ開発サービスを提供!

POINT
  • Pepperのロボアプリ開発を行う両社が、企業における人型ロボットの活用推進とロボアプリ開発の効率化のため、協業を開始。今後、「Smart at robo for Pepper」を軸に連携強化を進める。

少子高齢化による労働力不足が日本の深刻な問題となり、IT業界においても、企業や自治体のIT投資も積極的な状況からITエンジニアが不足しつつあります。M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下、M-SOL)は、2016年2月29日より、株式会社パソナテック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉永 隆一)と、ソフトバンクロボティクス株式会社(以下、ソフトバンクロボティクス)が開発・提供する人型ロボット「Pepper」の動作を設定する「Smart at robo for Pepper」を通じて、新しい労働力としてロボット活用を推進し、ロボアプリ開発における開発期間の長期化や費用負担の軽減を目的とした協業を開始しましたので、お知らせ致します。

画面イメージ

■M-SOLとパソナテックの協業について
M-SOLは、ソフトバンクロボティクスが認定する「ロボアプリパートナー」で、サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)が提供する業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」をベースにした Pepper 動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」を提供しています。Smart at robo for Pepperは、エンドユーザーの Pepper 活用推進につながるだけでなく、M-SOLのロボアプリ開発にも利用しており、開発効率が飛躍的に向上しました。
パソナテックも、ソフトバンクロボティクスが認定する「ロボアプリパートナー」として、Pepperを活用した各種業務支援サービスや、「むすぶkintoneサービス」を活用した超高速アプリケーション開発を提供するPepperの「ECOアプリケーション」開発などを提供しています。

今回、M-SOLは、パソナテックにSmart at robo for Pepperを提供し、Pepperとkintoneの連携に関する技術支援を行います。また、パソナテックは、ロボティクス・サービス・インテグレーション事業において、Smart at robo for Pepperの活用や顧客の要望に応じた同サービスの機能拡張を、kintoneを利用し実現してまいります。

この度、サイボウズパートナー同士の協業に伴い、サイボウズより以下のコメントをいただいています。

「サイボウズは、M-SOLUTIONS株式会社と株式会社パソナテックの協業を、心より歓迎いたします。各パートナーの特色を活かされたパートナー連携が進むことで、kintoneを軸とするエコシステムの、更なる拡大を目指せると考えております。今回の2社の協業により、kintoneの可能性を多様な方向に広げていけると確信しております。」

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 栗山圭太

両社は、Pepper の活用推進とkintoneを利用したロボアプリ開発の分野でのさらなる連携を目指します。

■株式会社パソナテックについて
IT、エンジニアリング分野に専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う。「インソーシング」、「アウトソーシング」、「グローバルソーシング」、「クラウドソーシング」の4つのソーシングを組み合わせた「ベストソーシング」を通じて、ビジネス戦略に求められる最適なITの活用を支援。

代表者 代表取締役社長 吉永 隆一
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
事業案内 IT/インターネット分野およびエンジニアリング分野における下記の事業
・エキスパートサービス(人材派遣)
・プレース&サーチ(人材紹介)
・アウトソーシングサービス
クラウドソーシング事業
URL http://www.pasonatech.co.jp

■Smart at robo for Pepperの概要
Smart at robo for Pepperは、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービスです。アプリケーションの開発知識がなくても、Web画面からの操作であいさつやディスプレイ表示などいつでも自由に設定し、Pepperに思いどおりの動きをさせることができるようになります。

▼Smart at robo for Pepper に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLは、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、M-SOLは、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客さまのビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

M-SOLは今後も、簡単・自由にPepperのコンテンツを設定できるSmart at robo for Pepperの提供を通じて、集客力の高いPepperの店舗での活用を支援してまいります。

※ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です。
※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email:msol_sales@m-sol.co.jp

M-SOLUTIONS、Pepper for Biz「ロボアプリパートナー」の認定取得おしゃべり&動作設定アプリ「Smart at robo for Pepper」が 「Pepper for Biz」のロボアプリストア「ロボアプリマーケット for Biz」に採用

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下、M-SOL)は、2015年12月1日に、ソフトバンクロボティクス株式会社より「ロボアプリパートナー」の認定を受け、2016年2月22日にオープン予定のソフトバンクの人型ロボット「Pepper」の法人モデル「Pepper for Biz」向けのロボアプリストア「ロボアプリマーケット for Biz」に、Pepper のおしゃべり&動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」が採用されたことをお知らせします。

POINT
  • 人型ロボット「Pepper」の法人モデル「Pepper for Biz」向けのロボアプリストア「ロボアプリマーケット for Biz」の「ロボアプリパートナー」にM-SOLが認定され、第一弾として提供される3つのアプリにSmart at robo for Pepper が採用。
画面イメージ

■「ロボアプリマーケット for Biz」のSmart at robo for Pepper採用について
今回M-SOLは、Pepperのアプリケーション開発における実技および筆記試験を経て、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Pepperパートナープログラム」より一定の知識や技術水準を満たしたと評価され、ロボアプリパートナー(Basic)として認定されました。(認定ID:PPP201511012)

「ロボアプリパートナー」の認定を受けることで、「Pepper for Biz」を購入したお客さまが、自社の活用方法に合ったロボアプリを選んで利用することを目的とした「Pepper for Biz」向けのロボアプリストア「ロボアプリマーケット for Biz」にロボアプリの登録が可能になります。「Pepper for Biz」のロボアプリストア「ロボアプリマーケット for Biz」では、ロボアプリ第一弾として3つのロボアプリが提供される予定であり、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるM-SOLのサービス「Smart at at robo for Pepper」が、「ロボアプリマーケット for Biz」で提供されるアプリの1つとして採用されました。

▼「Pepperパートナープログラム」に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.softbank.jp/robot/developer/program/partner/

■Smart at robo for Pepperの概要
Smart at robo for Pepperは、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービスです。アプリケーションの開発知識がなくても、Web画面からの操作であいさつやディスプレイ表示などいつでも自由に設定し、Pepperに思いどおりの動きをさせることができるようになります。

▼Smart at robo for Pepper に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/

■「Pepper for Biz」導入支援キャンペーンついて
ソフトバンクロボティクス株式会社が、「Pepper for Biz」を2月29日までに予約申し込みをしたお客さま向けに、Smart at robo for Pepperを含めたマーケットのロボアプリが最大3ヶ月間無料になるなどの特典を提供する「導入支援キャンペーン」を実施しています。

「Pepper for Biz」は、人型のロボット「Pepper(ペッパー)」の法人向けモデルです。一般販売中のPepperをベースに、受付や声かけなどビジネスに活用できる法人向けアプリケーションを標準搭載しています。

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLは、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、M-SOLは、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客さまのビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

M-SOLは今後も、簡単・自由にPepperのコンテンツを設定できるSmart at robo for Pepperの提供を通じて、集客力の高いPepperの店舗での活用を支援してまいります。

※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email:msol_sales@m-sol.co.jp

洋菓子店のPepperが、バレンタインのプレゼント選びをチョコっとお助け動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」で、オリジナルの動き・会話を簡単編集

POINT
  • 洋菓子店「ガトー・プーリア」にSmart at robo for Pepperを導入
  • セリフの更新などで困った際は、操作などの問い合わせが可能
  • バレンタインなどシーズンに合わせたセリフの追加・更新が簡単に行える

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下、M-SOL)は、洋菓子店「ガトー・プーリア」に、Pepper動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」が導入されたことをお知らせします。

画面イメージ
店頭で接客対応を行うPepper

洋菓子店ガトー・プーリアの「Smart at robo for Pepper」導入について
ガトー・プーリアでは、お客様の接客に活用するため2015年10月にソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を採用しました。しかし、Pepperの動作・セリフ設定には専用アプリの開発が必要なため、店頭に設置したもののお客様とスムーズな会話ができないことがあったり、胸のディスプレイ表示も利用しておらず、技術的な面で課題がありました。

今回、Pepperを使いこなすため、動作・セリフやディスプレイの設定・更新が簡単にできるSmart at robo for Pepperを導入しました。これにより、お客様の動きに応じた挨拶が簡単に設定できるようになり、オリジナルの胸のディスプレイ表示も設定しました。また、バレンタインなどのシーズンや新商品の追加時など、それぞれのタイミングに合った内容の追加や変更もすぐに行えるようになりました。
ガトー・プーリアは今後、呼びかけのバリエーションを増やしたり、商品を待っている間も楽しめるようにPepper活用を強化していく予定です。M-SOLは、今後もセリフ・動作の更新時のお問い合わせに対応するなど、適宜サポートを行ってまいります。

画面イメージ

Smart at robo for Pepperの概要
Smart at robo for Pepperは、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービスです。アプリケーションの開発知識がなくても、Web画面からの操作であいさつやディスプレイ表示などいつでも自由に設定し、Pepperに思いどおりの動きをさせることができるようになります。

▼Smart at robo for Pepper に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/

ガトー・プーリアについて
ガトー・プーリアは、2008年9月にオープンしました。地元の食材にこだわり、無添加の国産はちみつを丁寧に作り上げる養蜂場をはじめ、安心・安全をモットーに選び抜かれた素材を提携農家から仕入れています。地元で生産された食材をふんだんに活かしたケーキは絶品のおいしさです。

バレンタイン向け商品として、毎年人気の生チョコ&生チョコチーズ、6種類のトリュフ、ハート型で鍵の飾り付きチョコレートケーキを販売予定です。

画面イメージ
営業時間 10:00 〜 19:30
定休日 月曜日(祝日の場合営業、翌日休み)
住所 茨城県つくば市水堀 587-54
電話番号 029-863-3767
URL http://www.cheese-cheese.jp/

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLは、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、M-SOLは、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客さまのビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

M-SOLは今後も、簡単・自由にPepperのコンテンツを設定できるSmart at robo for Pepperの提供を通じて、集客力の高いPepperの店舗での活用を支援してまいります。

※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email: msol_sales@m-sol.co.jp

Smart atであっという間に、Pepperの接客動作を設定!SUN’S CAFEがPepperアプリの開発に「Smart at robo for Pepper」を採用

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下、M-SOL)は、株式会社太陽ハウジング(本社:神奈川県大和市、代表者:大上 誠二、以下、太陽ハウジング)が運営するカフェ「SUN’S CAFE」に、Pepper動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」が導入されたことをお知らせします。

POINT
  • Smart at robo for Pepperを使うことでプログラミングの知識がなくてもPepperの動作が自由に設定可能。従来の個別開発は数百万円の開発費用が必要だが、月額3.8万円でお客様がPepperのセリフ・動作更新を行える。
画面イメージ
店頭で接客対応を行うPepper

■SUN’S CAFEの「Smart at robo for Pepper」導入について
2015年9月より、SUN’S CAFEではPepperをスタッフの一員として採用し、接客に役立てようと店頭に設置していました。しかし、Pepperを動かすための専門的なプログラミングをスタッフが習得するには時間がかかり、Pepperアプリの個別開発を委託した場合には、Pepperが店頭で接客動作をする設定に数百万円以上かかるといった課題がありました。今回、SUN’S CAFEでは月額3.8万円でスタッフ自身がPepperの動作設定・更新をできることがSmart at robo for Pepper導入の決め手になりました。

SUN’S CAFEは2015年12月下旬にSmart at robo for Pepperを導入。従来のPepper向けアプリケーション開発期間よりも短い3週間で、SUN’S CAFEのスタッフ自身がPepperアプリの設定を完了しました。さらに、定期的なセリフ・動作の変更も今後SUN’S CAFE自身で行うことも可能になったことで、今後Pepperの本格活用を始める予定です。

■Smart at robo for Pepperの概要
Smart at robo for Pepperはプログラム開発ソフトChoregrapheとサイボウズ株式会社の開発プラットフォームkintoneを連携させることで、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービスです。通常、Pepperの個別動作の作成や追加の開発を委託すると数百万円以上かかってしまいます。しかし、Smart at robo for Pepperならアプリケーションの開発知識を持たない人でも、月額3.8万円でWeb画面からの簡単操作で素早く且つ自由に設定し、挨拶やディスプレイ表示などいつでも自由にPepperに意図した動きをさせることが可能になります。

▼Smart at robo for Pepper に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/

■SUN’S CAFEについて
SUN’S CAFEは、太陽ハウジングが運営するカフェで2014年7月にオープンしました。Time of relaxationをコンセプトに、リラックス出来るリビングのように大きめの椅子に座りながら、高級感にあふれコーヒーの香りがする店内で、自慢のコーヒーやスウィーツをお楽しみいただけます。

営業時間 7:00 〜 21:00
定休日 年中無休
住所 東京都町田市中町1-17-11太陽ビル第9 1F
電話番号 042-785-4502

画面イメージ画面イメージ

■株式会社太陽ハウジングについて
株式会社太陽ハウジングは、防音工事、リフォーム工事、新築・増改築工事、太陽光発電工事を行っています。私達は、皆様の家造り(空間)をサポートし、より良いくらしの創造(オリジナリティ)のお手伝いをします。

代表者 大上 誠二
所在地 神奈川県大和市中央1-2-2太陽ビル
URL http://www.taiyo-housing.co.jp/

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLは、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、M-SOLは、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客さまのビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

M-SOLは今後も、簡単・自由にPepperのコンテンツを設定できるSmart at robo for Pepperの提供を通じて、集客力の高いPepperの店舗での活用を支援してまいります。

※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email: msol_sales@m-sol.co.jp

イオン銀行イオンモール常滑店で「Smart at robo for Pepper」を導入イオンモール常滑のグランドオープンにあわせて、イオン銀行店頭で Pepper が接客を開始

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下、M-SOL)は、この度、2015年12月4日(金)にグランドオープンを迎えるイオンモール常滑のイオン銀行イオンモール常滑店で、Pepper 動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」が採用されたことをお知らせします。

POINT
  • 本日グランドオープンするイオンモール常滑に店舗を構えるイオン銀行で、接客ロボットに Pepper を採用。店頭での商品説明やアンケート対応を「Smart at robo for Pepper」で簡単に実現。
画面イメージ店頭で接客対応を行うPepperのイメージ

■ イオンモール常滑のイオン銀行イオンモール常滑店で「Smart at robo for Pepper」を導入した背景
イオンモール常滑は、「海と空を120%楽しむエンターテイメントパーク」をコンセプトとしたショッピングモールです。イオンモール常滑に新しくオープンするイオン銀行イオンモール常滑店では、2015年10月30日~11月1日にイオンモール四条畷のイオン銀行店頭において、期間限定で実施した Pepper 接客対応を行った結果が好評だったこと、そして、イオンモール常滑のコンセプトを実現し、これまで以上にお客さまを”おもてなし“するために、Pepper の採用を決定しました。

イオン銀行イオンモール常滑店では、Pepper の採用や大型のデジタルサイネージの設置を含めて、さまざまな”おもてなし”の工夫を行っています。

Pepper でお客さまを”おもてなし”するため、時間帯などに応じた Pepper のセリフや動作、胸のディスプレイに表示するコンテンツの切替など、店舗従業員が簡単にPepper の動作を設定できる「Smart at robo for Pepper」を導入しました。
また、「Smart at robo for Pepper」の導入により、Pepper の動作を追加するたびに動作やセリフに関する個別開発を行う必要もなくなり、Pepper 活用の幅を広げるために必要となるコストの削減にも繋がっています。

■ 今後の展望
銀行持株会社であるイオンフィナンシャルサービス株式会社を中心に、クレジット事業やフィービジネス、銀行事業、海外事業を展開する34社で構成される、小売業発の総合金融グループです。日本およびアジア11カ国で事業を展開しており、国内・海外に有する約700カ所の営業拠点に加えて、イオングループの店舗や提携加盟店など、幅広い営業ネットワークを築いています。カードの有効会員数は国内・海外合わせて3,600万人を超えるまでに拡大しています。

イオンフィナンシャルサービス株式会社では、お客さまの満足度向上の一貫として、今後、イオンモール常滑店に続けて、イオン銀行他店舗でのPepper 活用を推進していく予定です。M-SOLでは、イオンフィナンシャルサービス株式会社の Pepper 活用を引き続き支援してまいります。

■ イオンフィナンシャルサービス株式会社 概要

代表者 代表取締役社長 山下 昭典
本社 東京都千代田区神田美土代町1番地 住友商事美土代ビル
事業内容 銀行持株会社
URL http://www.aeonfinancial.co.jp/

■ イオン銀行イオンモール常滑店 概要

所在地 愛知県常滑市りんくう町2−20−3
店舗 イオンモール常滑 1F
アクセス http://tokoname-aeonmall.com/static/detail/access
画面イメージ

■ Smart at robo for Pepper の概要
簡単操作であなただけの Pepper 動作を」をコンセプトに、Smart at robo for Pepperはサイボウズの開発プラットフォーム kintone と Choregraphe を連携することで、複雑になりがちなロボットの動作開発を効率化し、自由自在に動作設定を行えます。動作開発の必要がなくなり、セリフを入力フォームに登録し、動作指定アイコンを選択し、胸のディスプレイに表示する動画や画像を指定するだけで、Pepper に意図した動作を指定することが可能になります。

▼ Smart at robo for Pepper に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/

■ M-SOLUTIONS株式会社について

M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLUTIONSは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。現在は、ソフトバンクグループ中期計画で提案されたロボット事業のPepperに早い段階から取り組んでおり、2015年9月時点で20件弱の Pepper アプリケーションを開発。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客さまのビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

サイボウズ東京オフィスに「Pepperアプリ導入相談Cafe」をオープンサイボウズ、エコシステムの拡大に向け、東京オフィスをパートナー企業に積極開放中

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下、M-SOL)とサイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久、以下サイボウズ)は、2015年12月10日(木)より、サイボウズ東京オフィスで、kintone-Pepper連携に関する相談やデモ見学ができる、完全予約制の「Pepperアプリ導入相談Cafe」をオープン致します。

画面イメージ

Pepperアプリ導入相談Cafe」オープンの背景

昨今、法人企業でのロボット活用の検討が始まっております。この流れを受け、M-SOLはこれまで20以上の法人向けPepperアプリケーションの開発を実施してまいりました。その取り組みの一環として、サイボウズが提供するクラウド型業務開発プラットフォーム「kintone」とPepperの連携ソリューションを、サイボウズと共同で開発。2015年は、kintoneからPepperの動作を設定できる「kintone GET ボックス」、Pepperからkintoneに自動でデータ登録できる「kintone POST ボックス」をリリースし、kintoneおよびPepperの利用可能性を広げてまいりました。本ソリューションはお客様からのお問い合わせも非常に多く、M-SOLでは、本連携専用のお問い合わせ窓口の設置を検討しておりました。

サイボウズは、エコシステム拡大を目的とし、パートナー企業による東京日本橋オフィスの利用を積極的に支援しております。今回新たな取組として、お客様からお引き合いの多い連携ソリューションである「kintone-Pepper連携」専門の相談スペースを、東京日本橋オフィスに設置することを決定しました。サイボウズとM-SOLは今後、サイボウズの東京オフィスをPepperの実証実験の場として活用していく予定です。

Pepperアプリ導入相談Cafeについて

サイボウズ東京日本橋オフィス内にオープンするPepperアプリ導入相談Cafeでは、M-SOL社員が直接ご相談や疑問をお伺いし、お答えします。kintoneと連携したSmart at robo for kintoneなど、kintoneとPepperアプリケーションの活用方法も知ることができます。サイボウズオフィスに常設されているPepperを使ったデモもご覧いただけます。

▼M-SOLの提供するkintone開発サービス一覧
http://m-sol.co.jp/service/kintone.php

画面イメージ

ご予約、詳細http://m-sol.co.jp/cafe/

営業時間 毎週木曜日10時~18時
※完全予約制
※祝日の場合を除く
※最終受付時間は16:30となります。
※ご予約日から2営業日以降のお日にちでお申し込みをお願い致します。
※1社1時間30分程度を予定しています。
所在地 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27F(サイボウズ東京オフィス)
アクセス 銀座線・東西線・浅草線「日本橋駅」B6出口直結
JR線・丸ノ内線「東京駅」八重洲北口より徒歩6分
銀座線・半蔵門線「三越前駅」B6出口より徒歩3分
【地図】
http://cybozu.co.jp/company/info/map_tokyo.html

※「Pepperアプリ導入相談Cafe」は、同カフェスペースにてサイボウズが運営する「cybozu.com導入相談Cafe」とは
異なり、cybozu.comの導入相談はお受けできかねます。

■サイボウズ株式会社について

1997 年の創業以来、一貫して組織の情報共有とコミュニケーションを支援する開発・販売を手がけています。2011 年に業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」をリリースしました。「kintone」は、業務システムをドラッグアンドドロップ操作で素早く構築できるクラウドサービスです。豊富なAPIで、他システム連携や画面表示のカスタマイズを可能にしています。

代表者 :代表取締役社長 青野 慶久
所在地 :東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階
URL :http://cybozu.co.jp/

■cybozu.com導入相談Cafe について

クラウドサービス「cybozu.com」の導入を検討されている方のご相談窓口です。専門スタッフがお客様の疑問やご要望をお伺いし、運用方法や活用事例などを実際の画面をご覧いただきながら紹介いたします。お客様のご希望のお日にちをご予約いただけます。
URL:https://www.cybozu.com/jp/sp/cafe/

■M-SOLUTIONS株式会社について

M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLUTIONSは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。現在は、ソフトバンクグループ中期計画で提案されたロボット事業のPepperに早い段階から取り組んでおり、2015年9月時点で20件弱の Pepper アプリケーションを開発。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

代表者 :代表取締役社長 佐藤 光浩
所在地 :東京都新宿区新宿6-27-30新宿イーストサイドスクエア17階
URL :https://m-sol.co.jp/

※ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し、M-SOLとサイボウズで独自に実施しています。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
——————————————————————————————–
■報道関係者様からのお問い合わせ先
サイボウズ株式会社 マーケティングコミュニケーション部:大滝 空
〒103-6028 東京都中央区日本橋 2-7-1 東京日本橋タワー 27階
TEL: 03-4306-0803 / FAX: 03-5204-1040 / MAIL: pr@cybozu.co.jp

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 管理本部 経営企画部:齊藤 安部 菅
〒160-0022 東京都新宿区新宿六丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア17階
TEL:03-6892-3063 /FAX:03-6892-3922 / MAIL: sbt-pr@tech.softbank.co.jp

■お客様からのお問い合わせ先
M-SOLUTIONS株式会社 営業部
〒160-0022 東京都新宿区新宿六丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア17階
TEL: 03-6892-3070 / FAX: 03-6892-3926 / MAIL: msol_sales@m-sol.co.jp

M-SOLUTIONSとミラクル・リナックスが、 Pepperとデジタルサイネージの連携機能を共同開発〜Pepperとの応答により表示するコンテンツをデジタルサイネージで再生可能に〜

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下、M-SOL)とミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、ソフトバンクロボティクス株式会社ならびにアルデバラン社が開発した、感情機能を搭載した人型のパーソナルロボット「Pepper」とミラクル・リナックスのデジタルサイネージソリューション「MIRACLE VISUAL STATION(以下、MVS)」の連携機能を共同開発したことを発表します。

ポイント
  • ソフトバンク・テクノロジーの子会社M-SOLUTIONSとミラクル・リナックスが、Pepperとサイネージの連携ソリューションを共同開発。Pepperのディスプレイに表示される画像や動画をデジタルサイネージに表示可能に。
画面イメージ

このたび共同開発した機能では、Pepperのディスプレイに表示される画像や動画コンテンツを、デジタルサイネージに表示可能にします。加えて、Pepperから提示するアンケートや質問の回答に応じて、複数のコンテンツを出し分けすることが可能です。店舗や企業受付にPepperを設置し、お客様対応を行わせるようなケースでは、複数名で来訪されたお客様にPepperのディスプレイに表示されるコンテンツをお見せしたり、あるいは地図や商品説明など情報量が多いコンテンツを表示することが想定されます。このようなケースにおいて、デジタルサイネージの大きなディスプレイに表示することで、視認性とコンテンツ再生効果を向上します。

PepperとMVSは、それぞれ、小売店舗や金融機関、アミューズメント施設などの共通する業種で多数の採用実績があります。このたびの連携機能により、Pepperによる集客効果とデジタルサイネージの情報伝達力がシナジーを生み、企業やブランドにおける顧客接点として、コンテンツを通して企業が伝えたいメッセージの訴求力アップや、お客様に対してさまざまな顧客体験を提供し、お客様の感動や満足度の向上が可能になります。
M-SOLとミラクル・リナックスの両社は、年内の発売に向け、本機能の製品化を計画しています。

■イベント出展のお知らせ

Pepperとデジタルサイネージを連携させたデモを『SoftBank Technology Forum 2015』の出展ブース(ホールA1)に展示します。

・日時:2015年 11月 6日(金) 13:30~18:00 (開場 12:30)
・会場:虎ノ門ヒルズフォーラム 5F
東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5F
http://forum.academyhills.com/toranomon/access/index.html
・主催:ソフトバンク・テクノロジー株式会社
・費用:無料(事前登録制)
・詳細:https://info.softbanktech.jp/public/seminar/view/703/

■「MIRACLE VISUAL STATION」について

MIRACLE VISUAL STATIONは2010年よりミラクル・リナックスが提供するLinuxベースのデジタルサイネージ製品です。OSのチューニングによりハードウェアの処理能力を最大限に引き出し、従来のデジタルサイネージ向けプレイヤーでは実現できなかった高い再生品質を実現しています。独自に開発した動画再生ソフトやWebブラウザを搭載し、高画質な動画や複雑なFlashコンテンツを安定して再生することができます。障害が発生しても自動的にリカバリーする機能を搭載し、連続稼働可能な可用性を高めています。プレイヤーにコンテンツを配信する管理ソフトウェアは、直観的に操作が可能なユーザインターフェースを持ち、PC上に簡単に導入することができます。このような点が高く評価され、自治体や公共機関、交通機関、小売店舗、企業、教育機関などに採用されています。
http://www.miraclelinux.com/product-service/digital-signage

■M-SOLUTIONS株式会社について

M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLUTIONSは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。現在は、ソフトバンクグループ中期計画で提案されたロボット事業のPepperに早い段階から取り組んでおり、2015年9月時点で20件弱の Pepper アプリケーションを開発。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

■ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

■本件からのお問い合わせ先
【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

ミラクル・リナックス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
椎名・佐々木
TEL:03-6205-9530
Email:press@miraclelinux.com

Pepper 向け動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」の提供開始 kintone を利用して Pepper の動作を簡単設定、動作ログを収集

Point
・法人企業が Pepper を活用するための Smart at robo for Pepper 提供開始
・kintone 連携により、簡単に動作やセリフ、ディスプレイ表示の設定が可能
・Pepper 動作ログやアンケート、FAQの結果の蓄積、一覧やグラフで表示可能

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下 M-SOL)は、2015年9月29日に、サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久、以下 サイボウズ)が提供する「kintone」と連携した Pepper 向け動作設定クラウドサービス「Smart at robo for Pepper」の提供を開始しましたのでお知らせします。

画面イメージ

Smart at robo for Pepper の概要
~ 簡単操作であなただけの Pepper動作を ~
ソフトバンクロボティクス株式会社と仏アルデバラン社が共同開発した、感情機能を搭載した人型のパーソナルロボット「Pepper」は、受付業務やセミナー・イベント案内、店頭スタッフといった法人企業における接客業務での活用も期待されています。法人企業においては、意図する動作やセリフが必要な場合も多く、「Pepper」への動作要求は、専用のプログラミング・ソフトウェア「Choregraphe(コレグラフ)」上での開発が必要になります。

今回、「簡単操作であなただけの Pepper 動作を」をコンセプトに、サイボウズの開発プラットフォームkintoneとChoregrapheを連携することで、複雑になりがちなロボットの動作開発を効率化し、自由自在に動作設定を行える「Smart at robo for Pepper」を開発しました。これにより、法人企業では動作開発の必要がなくなり、セリフを入力フォームに登録し、動作指定アイコンを選択し、胸のディスプレイに表示する動画や画像を指定するだけで、Pepperに意図した動作を指定することが可能になります。

機能のご紹介
下記表の区分でPepperのセリフや動作を設定できます。また、頭や両手のセンサーや、人検知、属性情報、アンケート結果を kintone にリアルタイムに保存し、一覧表示やグラフ表示することも可能です。

区分 動作開始 概要 利用ケース
時間指定 日時 動作開始のタイミングを日時、毎時、一定間隔、ランダムから選択 日付が決まっているイベント告知、16時にタイムセールの告知、5分間隔に呼び込み、様々な商品紹介
センサー指定 センサー 頭、右・左手甲にタッチ後の動作を指定 頭触ると挨拶、右手日本語で挨拶、左手英語で挨拶など
人検知 人が近づいた際の動作を指定 人が近づいたら、呼び込みや挨拶をするなど
画面タッチ ディスプレイをタッチ後の動作を指定 Welcomeメッセージなど
択一指定 アンケート 2択、4択、6択など選択後、動画再生 FAQや、商品紹介など
会話入力 話しかけ 指定の数字(1、2、3)や、「こんにちは」などの単語認識で動画再生 簡単な会話など

Pepper 向けの基本パックの価格

サービス 概要 価格(税抜き)
Smart at robo for Pepper< セリフや動作をwebで設定が可能 月額 ¥38,000/台
初期設置サポート 初期インストール設置の支援作業 初期 ¥200,000/台

オプション

サービス 概要 価格(税抜き)
個別 動作カスタマイズ 個別動作を作成、設定の追加 1動作  50万円〜
Pepper 導入コンサル 導入時の利用ケースなどのコンサルティング 100万〜150万円
個別 アプリコンテンツ作成 独自の Pepper 向けアプリの作成 1300万〜500万円

——————————————————————————————–

※Smart at robo for Pepper には、kintone スタンダードコース 1,500円/月 の5ID分を含みます。
ユーザー追加の場合は、1IDあたり 1,500円/月が、別途必要となります。

▼Smart at robo for Pepper に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/