kintoneをリレーショナルに!ルックアップを便利にするM-SOLのルックアッププラグイン

こんにちは。M-SOLUTIONSのふかちゃんです。M-SOLぷらぐぶろぐをお届けいたします。
第5回目の内容はルックアップを便利にするプラグインです。

ルックアップとは?

ルックアップとは、アプリに入力するデータを他のアプリから取得できるようにする機能です。
データ入力の手間を省き、入力ミスも防げます。
たとえば、営業案件を管理するアプリに、顧客情報を管理するアプリを参照するルックアップを設定したとします。すると、顧客情報を取得して営業案件を管理するアプリにコピーできるようになります。

◾ルックアップ例(案件管理)

ルックアップにはない機能

ルックアップは便利ですが、いくつか機能に制限があります。

・参照元の情報が更新されても、参照先の情報は更新されない。

kintoneのルックアップはAアプリからBアプリへのデータのコピーです。つまり、ルックアップを実行した時点のデータを参照元から参照先にコピーします。そのため、参照元のデータが変更されても参照先の情報は更新されません。

◾顧客マスタ(ルックアップ参照元)

・取得ボタンを押さないと情報が取得されない。

ルックアップで参照元から情報を参照するためには取得ボタンを押す必要があります。
ユーザーはこの取得ボタンを押し忘れたりしてしまいます。
特にアクション機能から新規レコードを作成する場合、手間です。

M-SOLUTIONSではこれらの課題を解決するため、2つのプラグインを用意しています。

ルックアップに関するプラグインは2種類!

M-SOLUTIONSでは、ルックアップに関するプラグインを2つ用意しています。

・「ルックアップコピー先反映プラグイン
・「ルックアップ自動取得プラグイン

です。

ルックアップコピー先反映プラグインとは?

ルックアップコピー先反映プラグインは、ルックアップ参照元のデータ更新内容を参照先の各アプリへ反映することができます。ルックアップ参照元の更新内容を参照先へ反映することで、RDBと同様の参照機能を実現します。プラグイン設定で更新タイミングや対象アプリを簡単に設定することもできます。

【ルックアップコピー先反映プラグインでできること】

1、反映処理を動作させるタイミングを2通りから選べます。

・ボタンを押したタイミングで、データが反映される。
・レコード編集が保存されたタイミングで、データが反映される。

2、反映対象のアプリを3通りから設定できます。

・スペースに属しているアプリを対象
・全アプリを対象
・対象となるアプリを事前に設定する

3、サブテーブルのルックアップにも対応

標準のフィールドだけでなく、サブテーブルのルックアップにも対応しています。

ルックアップ自動取得プラグインとは?

ルックアップ自動取得プラグインは、kintone アプリへのデータ登録時の入力を簡単にするための kintone プラグインです。標準機能では、kintone のルックアップ項目を設定した場合、「取得」ボタンを手動でクリックしてデータを取得する必要があります。 ルックアップ自動取得プラグインを利用することで、取得ボタンのクリックが不要となり、よりスムーズなデータの登録をおこなうことが可能です。

いかがでしょうか。ルックアップ機能がより便利になります。kintoneルックアップの機能が物足りないなと感じた時は、ぜひ、M-SOLUTIONSのルックアッププラグインを利用してみてください!

お問い合わせはこちら

▼ルックアップコピー先反映プラグイン
https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/plugin/copy.php

▼ルックアップ自動取得プラグイン
https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/plugin/lookup.php

検索拡張を更に拡張!検索拡張と文字列結合プラグインの併せ技をご紹介!

こんにちは。M-SOLUTIONSのふかちゃんです。M-SOLぷらぐぶろぐをお届けいたします。
第4回目の内容は検索を更に便利にする裏技です。

検索拡張プラグインはユーザー選択フィールドに未対応?

一覧画面上で、検索が素早くできる検索拡張プラグイン。検索ストレスを軽減できるプラグインですが、実は、いくつかのフィールドには対応していません。例えば、ユーザー選択フィールドです。ユーザー選択フィールドはkintoneの仕様で、検索をする場合、文字列が完全一致しないと検索が成功しません。

完全一致のみでしか検索できないのは、利便性が下がるため、検索拡張プラグインでは、あえてユーザー選択フィールドを検索対象にしていません。その他、組織選択フィールドやグループ選択フィールドも同様です。

一方で、ユーザー選択フィールドで絞り込み検索をしたいという要望はあります。どうにかできないかと考えたところ、解決できる方法を発見しました!

文字列結合プラグインと組み合わせると、ユーザー選択検索が可能に!

検索拡張プラグイン文字列結合プラグインを組み合わせることで、ユーザー選択フィールドの検索を実現できることが分りました。文字列結合プラグインは、いくつかのフィールドの値を結合して1つのフィールドに出力するプラグインです。この機能を応用することで、ユーザー選択フィールドの値で検索ができるようになります。

設定方法をご紹介

アプリストアにある案件管理アプリを例に説明します。

↑案件管理アプリ

設定方法は次の通りです。
① 最初に、ユーザー選択フィールドの情報を出力する文字列1行フィールドを配置します。

② 文字列結合プラグインで、ユーザー選択フィールドの値を文字列1行に結合するように設定をします。

③ 最後に検索拡張プラグインで、結合先の文字列1行プラグインを指定すれば、設定完了です。

どのような仕組みか分かりましたでしょうか。ユーザー選択フィールドの値を文字列に変換し、その文字列を検索対象にするという応用です。これで、ユーザー選択フィールドの値で検索できるようになりました!

この他にも組織選択、グループ選択フィールドも対応可能です。ぜひ皆さんがお使いのプラグイン検索性向上に検索拡張プラグインと文字列結合プラグインを組み合わせてご活用ください!

お問い合わせはこちら

▼検索拡張プラグイン
https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/plugin/search.php

▼文字列結合プラグイン
https://m-sol.co.jp/service/kintone/contents/plugin/Combination.php