Smart at CRMで営業管理! 訪問計画をらくらく作成!

こんにちは。M-SOLUTIONSのふかちゃんです。M-SOLのぷらぐぶろぐをお届けいたします。第11回目の内容は第10回に続き、Smart at CRMです。

Smart at CRMは営業管理もしっかりできる

Smart at CRMは、kintone(キントーン)ベースで構築されたセミオーダータイプの顧客管理システムです。CRMという名称のため、顧客管理機能だけ保持していると思われる方も多いでしょう。しかし、実は営業管理(SFA)として利用いただくことも可能です。

営業管理で必要な機能とは?

それでは、営業管理に必要な機能とは具体的にどんなものでしょうか?一般的なものを挙げてみます。

・訪問予定管理
・案件管理
・顧客管理
・営業日報
・予算実績管理
・ダッシュボード
・名刺管理
・基幹システム連携

Smart at CRMは、上記の要件に対応することが可能です。具体的に機能をご紹介いたします。今回は、訪問予定管理の機能をご紹介します。

訪問計画作成は手間?Smart at CRMとプラグインで手軽に作成!

見込み案件を創出するためには、定期的な顧客訪問が欠かせません。そのためには訪問計画を立て、実行していくことが重要です。ただ営業管理のシステムを入れていないと、Excelで訪問計画一覧を作り、スケジュールの登録は一件ずつ登録、、、という作業が発生してしまいます。営業活動に時間を割きたいと思っていても、事務作業で手間取ってしまうのです。

そこで、Smart at CRMです。Smart at CRMにプラグインと連携サービスを追加することで、訪問計画作成を簡単に実現できるようにします。では具体的にどのように設定できるかを説明します。

①訪問計画を作成する

Smart at CRMにkintoneプラグインの「krew sheet」を利用します。すると、訪問計画を簡単に作成することができます。Excel感覚で行追加ができるので、素早く計画作成ができます。

②訪問計画を調整する

入力した訪問計画は、一覧を切り替えることでカレンダー表示することができます。これはSmart at CRMにkintoneプラグイン「カレンダーPlus」を設定することで、実現することができます。カレンダー画面では、予定をドラック&ドロップで調整できるので、予定を移動させたいというときに便利です。

③訪問場所を地図で確認する

訪問先の場所は地図で確認することができます。わざわざWeb検索をしなくても訪問計画の画面を見れば、地図確認ができるようになっています。これはSmart at CRMにkintone連携サービス「Customine」とGoogle MAP APIを設定をすれば、地図を表示することができます。

④訪問結果を入力する

訪問が完了したら、訪問計画一覧画面を開き、結果入力欄に訪問内容を記入しましょう。「krew sheet」で報告用の画面を作り込んでおけば、一括で結果報告を設定できます。訪問済みに変更をすると、顧客マスタの訪問結果に反映されます。

いかがでしょうか。Smart at CRMとkintone連携サービス、プラグインを利用すれば、訪問計画の作成から報告までスムーズに行うことができます。営業管理の訪問予定管理で苦労している場合は、ぜひSmart at CRMをご検討ください。

▼お問い合わせ
https://smartat.jp/mail/

以上、今月のぷらぐぶろぐでした。

kintoneで営業管理はSmart at CRMで!

こんにちは。M-SOLUTIONSのふかちゃんです。M-SOLのぷらぐぶろぐをお届けいたします。 第10回目の内容はSmart at CRMです。

営業管理を始めたいけれど、営業管理パッケージは高額で柔軟性がない

「営業見込客を確実に受注したい。そのためには営業管理だ!」このように、営業管理システムを検討されたことはありませんか?確かに営業管理システムを導入して、しっかりと運用できれば、効果は出てくるでしょう。

ただ営業管理の方法は、各社さまざまです。単発の案件が多い企業や、リピート案件が多い企業など、業種業態によって管理したい内容が違います。そんな中、導入した営業管理システムが、もし自社の管理スタイルに合わなかったら、使いこなすことが出来ずに終わってしまうでしょう。

営業管理システムは高額なものが多いですし、せっかく投資したシステムを無駄にしてしまうことになります。

そこでM-SOLのSmart at CRM!

そんなお悩みを解決するソリューションがSmart at CRMです。Smart at CRMは、セミオーダー型の顧客/営業管理ソリューションです。サイボウズ社のkintoneを活用することでお客様の業務にあわせて、オリジナルの営業管理システムを構築することができます。Smart at CRMの具体的なメリットは次の3点です。

  1. 本当に必要な項目だけを選んで利用できる
  2. 各種連携サービスを自由に組み合わせられる
  3. セミオーダーで定額価格でオーダーできる

本当に必要な項目だけを選んで利用できる

営業管理システムは標準的な営業管理をベースに項目が設定されています。多少項目を変更したりすることはできますが、根幹の部分を変更することができません。それに対して、kintoneをベースとしたSmart at CRMは自由に項目を設定することができます。そのため、初めて営業管理を始める人々が本当に欲しい項目だけを準備して、利用していただくことが可能です。

各種連携サービスを自由に組み合わせられる

Smart at CRMは、下記のマップの通り、各種連携サービスとの連携に対応しています。そのため、お客様のあらゆるニーズにお応えすることが可能です。(連携は別途費用がかかります)

営業管理に関わる情報をまるっと管理可能。必要なソリューションだけ選択して使うこともできます。

セミオーダーで定額価格!

Smart at CRMは、セミオーダーで自由に項目の追加削除やカスタマイズができます。ベースとなる機能とその項目調整は89万円の定額で、利用可能です。
(プラグインや連携サービス、キントーンライセンス、追加設定は別途価格です)

ではどんな利用方法ができるのでしょうか。
具体的な例を確認しましょう。

①営業情報をしっかりと分析したい

krew Dashboardkrew Dataというkintoneプラグインをオススメさせていただきます。このプラグインを利用すれば、kintone標準機能であるグラフはもちろん、ピポットテーブルや複合グラフなど、様々な表現方法で、営業管理の情報の分析を行うことができます。経営層が必要なデータをkintone上に再現します。

②案件ごとの書類も一緒に管理したい

業種業態によっては、案件ごとに書類データが沢山発生するため、管理しやすくするためにストレージサービスと連携したいというニーズがあります。その場合は、「クラウド連携プラグイン for Box」をご提案いたします。
Box社のストレージサービス「Box」とkintoneをシームレスに連携させることができます。

③チャットサービスから営業報告をしたい

チャットサービスと連携することが可能です。ジョイゾー社のボットサービス「Joboco」を利用すれば、LINE WORKSと連携することができます。外出先からの営業報告をチャットサービスから行うことができます。

いかがでしたでしょうか。自社で本当に必要な機能だけを選んで、営業支援ツールを作り上げて行きませんか?興味がある方はぜひ、下記フォームまでお問い合わせください。

▼お問い合わせ
https://smartat.jp/mail/
以上、今月のぷらぐぶろぐでした。