QRコードで入退出管理もラクラク!iPad無人受付システム「Smart at reception」

訪問先のエントランスを入ると、カウンターには電話や受付システムの端末のみというオフィスも、最近は珍しくなくなりました。受付業務の負荷軽減やオフィスのリニューアル・移転をきっかけに、受付システムの導入を検討するお客様も多いようです。

2014年にリリースされた M-SOLUTIONS の Smart at reception も、そんな受付システムのひとつ。端末には iPad を使い、お客様ごとの受付ルールに柔軟に対応しながら、簡単に受付業務をシステム化します。

訪問者は、受付のタブレット画面の指示に従ってタッチしていくだけで、簡単に担当者を呼び出すことができます。事前に発行されたQRコードや受付番号があれば、受付はさらに簡単に。

今回は、事前登録を使った受付の流れについて、もう少し詳しくご紹介します。

管理画面から受付予約、受付用QRコード受信

担当者は、ブラウザを使って管理画面から来訪予定を登録後、発行されたQRコードをメールで来訪予定者に送信します。テンプレートが用意されているので、簡単にメールを送ることができます。

QRコードのほか、受付番号の発行ができ、番号での受付にも対応し、予約情報は一覧管理できます。

また、Smart at reception は G Suite や Microsoft Office365 と連携しています。Googleカレンダーや Outlook で作成した会議通知を専用のメールアドレスに送ると、Smart at reception 内に来訪予定が作成され、QRコードが発行されます。あとは管理画面から来訪予定を登録したときと同じ手順で、訪問者にQRコード付きメールを送信できます。

訪問者はiPadにQRコードをかざすだけで受付完了

訪問者は、事前に送られたQRコードを受付の iPad にかざすだけで受付が完了します。内線電話を利用の場合は呼び出しボタンが iPad に表示され、受話器を取って押すだけで直接担当者と話すことができます。

また、メールや LINE WORKS、Slack、Chatwork といったチャットツールへの通知を使えば、担当者が席を離れていても、到着を知らせることができます。

直接担当者を呼び出すことができ、取次ぎの手間を省けます。また、受付は自動的に記録されるので、訪問者が台帳に記入する手間も省きます。

訪問後の退館処理も簡単

面会が終了したら、受付担当者がメールやブラウザから退館処理を行います。退出日時が自動で記録されます。

Smart at reception はQRコードを使って、受付のほか入退出管理も楽に行えます。無人受付だけでなく、有人受付システムとしてもご利用いただいています。

導入事例はこちらを参照ください。
https://smartat.jp/news/example.php

iPad 無人受付システム Smart at reception
https://smartat.jp/reception/

Smart at estimate、プラス株式会社ジョインテックスカンパニーに導入~iPadで簡単に見積もり作成、スマートな営業スタイルへの変革を実現!~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社の連結子会社であるM-SOLUTIONS株式会社 (代表取締役社長:佐藤 光浩、本社:東京都新宿区、以下M-SOL)は、この度、プラス株式会社(代表取締役社長:今泉 公二、本社:東京都港区)の社内カンパニーで、文具・オフィス家具および各種サービスの卸販売事業を展開するジョインテックスカンパニー(カンパニープレジデント:常務取締役 淺野紀美夫、以下プラス・ジョインテックスカンパニー)にiPad対応の業務支援アプリケーション Smart at(スマート アット)の見積支援サービス「Smart at estimate」(以下、本サービス)を提供し、2014年6月より稼働を開始しましたのでお知らせします。

PLUS

Smart atは、「タブレット端末のビジネス活用を推進し、ワークスタイルを変革させる」というコンセプトで、ユーザが手軽に使えて業務効率の向上につながる多彩な機能を提供し、業務効率化をスマートに支援するサービスです。

▼ Smart atに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/

今回の導入によりプラス・ジョインテックスカンパニーでは、今まで夕方に一度帰社して見積もり作成業務を行っていた営業マンが、iPadを使っていつでもどこでも簡単に見積もりを作成・提示できるようになった結果、訪問数と見積もり作成数が大幅に増加し、業務効率化を実現しました。

あらかじめ製品のカタログデータを登録すれば、iPadで簡単に見積作成・メール送付することができるため、受注までのリードタイムとコストを大幅に削減するとともに、顧客満足度の向上、営業力の強化にもつながっています。
今後も本サービスを活用することで、さらなる業務のスマート化と、スピーディーな対応を継続し、顧客満足度の向上を図ります。

■ 導入の背景
プラス・ジョインテックスカンパニーは、プラス株式会社の流通事業部門として、提携する全国の文具販売店約7,000社を通じ、カタログ通販に専任営業サポートが付いたデリバリーサービス「スマートオフィス」(2003年~)、文教市場向け「スマートスクール」(1997年~)、介護市場向け「スマート介護」(2014年~)等を展開。また、顧客企業や官公庁が抱える課題の解決やオフィス生産性向上に資する独自サービスを強化。文具の購買診断やカスタマーデザイナーによる家具レイアウト提案、パンフレット等の外国人向け翻訳・デザイン・印刷の一括受注を行う「翻訳ワンストップサービス」、QRコード付き名刺「スマートフライヤー」等、多彩なサービスを提供しています。

同カンパニーの従来の営業スタイルは、営業マンがお客様へ訪問後、夕方に帰社してPCとカタログから見積もりを作成してFAXで提出する、というものでした。そのため営業マンは直行直帰のコントロールが難しく、見積もり作成業務のためだけに帰社するといった状況が発生していたため、業務時間をより有効活用でき、かつ業務を効率化させることができる施策を検討していました。
すでに全営業社員のiPad携行体制を整えていたこともあり、iPadがあればいつでもどこでも簡単に見積を作成できること、1ID当たりのコストが月額980円と安価で、スモールスタートできることなどが評価され、本サービスが採用されるに至りました。

M-SOLは、2014年7月9日~11日に東京ビッグサイトにて開催される第1回営業支援EXPO(http://www.ss-expo.jp/)に、Smart atを共同出展(※)します。当日は、本サービスを含むシリーズ製品の紹介のほか、デモンストレーションもご用意しております。
※共同出展社:ソフトバンク・テクノロジー株式会社、株式会社 環

M-SOLは今後も、お客様のニーズに合わせてシンプルにご利用いただけるスマートデバイス活用サービスの拡充を予定しております。

■ プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー 概要

カンパニー名 プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー
代表者 常務取締役 淺野 紀美夫
事業内容 オフィスインテリア用品、文具、事務用品の販売、賃貸、仲介、修理、ならびに保守管理
電子光学機器の販売
日用品雑貨、スポーツ用品、食料品、家庭用電気製品、時計および楽器の販売
コンピュータープログラムのソフトウェア、書籍の販売
本社 東京都豊島区東池袋4丁目41番24号 東池袋センタービル
URL http://www.jointex.co.jp/

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

iPad向け業務支援アプリケーションSmart at 無償版を提供開始 ~iPadによる業務スマート化&効率化を無償で体感!~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社の連結子会社であるM-SOLUTIONS株式会社 (代表取締役社長:佐藤 光浩、本社:東京都新宿区、以下M-SOL)は、この度、iPad対応の業務支援アプリケーション Smart at(スマート アット)の無償版を新たに提供開始しますのでお知らせします。

Smart atは、「タブレット端末のビジネス活用を推進し、ワークスタイルを変革させる」というコンセプトで、ユーザが手軽に使えて業務効率の向上につながる多彩な機能を提供し、業務効率化をスマートに支援する有償のサービスです。
今回M-SOLは、iPadによる業務効率化をより多くのユーザに体感いただき、より高品質・便利なサービスへと進化させるため、Smart atの3つの機能を無料で提供するプランを本日より開始します。

▼ Smart atに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/

■ 「Smart at 無償プラン」について

「Smart at 無償プラン」は、ビジネスをスマートに変える3つのサービスを無料で提供するプランです。
無償プラン提供範囲内のご利用であれば、利用期間の制限なくずっと無料でお使いいただけます。少人数・小規模からのスモールスタートなどに有効です。

1. 提供サービス内容

無償版サービス内容

2. 提供開始日

2014年7月8日(火)から特設サイトにてお申し込み受付開始
https://smartat.jp/free/

また、2014年7月9日~11日に開催される第1回営業支援EXPO(http://www.ss-expo.jp/)、 および2014年7月16日~18日に開催される第2回HR EXPO2014(http://www.hr-expo.jp/)に、Smart atを出展します。
当日は、無償プランを含むシリーズ製品の紹介のほか、デモンストレーションもご用意しております。

M-SOLは会社誕生以来、インターネットに関わるビジネス・ソリューションを提供し、 さまざまなビジネスの立上げや開発を経験してまいりました。
その中で、インターネットやモバイルによってビジネスをより便利に、効率的にするためのサービスとして「Smart at」を開発し、提供しています。

今回の無償プランの提供開始により、サービス利用の裾野が広がることで、さらに多くのユーザの声に耳を傾けることができ、本サービスを継続的に拡充・進化させていけるものと考えております。

M-SOLは今後も、お客様のニーズに合わせてシンプルにご利用いただけるスマートデバイス活用サービスの展開を予定しております。

※本リリースに記載された社名・商品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

iPad専用メニュー多言語化アプリ「グルメニュー -GOURMENU-」の提供開始

八楽株式会社(代表取締役社長:坂西 優、本社:東京都渋谷区、以下八楽)、M-SOLUTIONS株式会社(代表取締役社長:佐藤 光浩 、本社:東京都新宿区、以下MSOL)、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は協働で、飲食店向けメニュー多言語化アプリ「グルメニュー -GOURMENU-」の提供を、2014年6月10日(月)より開始しますのでお知らせします。

■「グルメニュー -GOURMENU-」について
日本語で作成されたメニューを英語、中国語、韓国語をはじめとした外国語に自動翻訳して表示させる、iPad専用のアプリケーションサービスです。
容易に多言語化されたメニューを導入することができ、店舗の外国人観光客の集客や接客を支援します。

店舗側は、外国人顧客層を新たに開拓でき、外国語での接客負荷の軽減やサービス品質の向上といった効果が得られます。
日本語から各国語への翻訳だけでなく、対応言語間での翻訳も可能なため、あらゆる店舗のグローバル化に活用いただけます。
一方、顧客側においては、多言語化による『おもてなし』の体感と、言語の違いによるストレスの軽減により、顧客満足度の向上を図ることができます。

▼本サービスに関する詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。
http://www.gourmenu.jp

gourmenuご利用イメージ

■ 背景
2020年に開催予定の東京オリンピックにより、海外から日本への関心が高まっています。
政府が掲げる観光立国方針においても、今後の外国人観光客の増加が予想されており、特に飲食業の向上・充実に向けて、国内外を問わず質の高いサービスの提供と、日本の食文化に対する理解を深める施策の推進が求められています。

そうした中で「グルメニュー-GOURMENU-」は、メニューの多言語化を通じて、店舗と顧客間のグローバルコミュニケーションを支援することを目的として開発されました。
サービスの大きな特徴として、日本語での注文を推奨しています。外国人顧客が、「日本の「食」および「言語」に触れられる機会を増やすことで、日本での食事を一つの観光体験として楽しめるようサポートします。

■ サービス内容

メニュー翻訳 既存の日本語メニュー(紙)を専門家が多国語に翻訳し、電子化します。
翻訳結果はデータベース化され、メニューの追加翻訳を容易に行うことができます。
【対応言語一覧】
日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・インドネシア語・タイ語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スウェーデン語・スペイン語・ロシア語・アラビア語
日本語サポート 店員が日本語の説明も見ながら接客できるよう、メニューに外国語と日本語を併記します。
外国人の方は、日本語で注文ができるように、Tipsを提供します。
アプリケーション作成 メニューを登録したiPad専用の多言語化アプリケーションを作成します。
メニューの変更は、お客様専用の管理画面から簡単に行っていただけます。
iPad(レンタル) アプリケーションをiPadに入れた状態で提供いたします。
※既存のiPadをお持ちの場合、アプリケーションのみ提供のプランもございます。
問い合わせサポート 導入後の問い合わせ対応を行います。

■ ご利用料金
ご要望に応じた2つのプランで提供します。また今回、ライトプランを2014年6月30日まで特別価格で提供します。
(2014年7月以降のお申込みは、通常価格となります。)
gourmenuご利用料金

  • ご利用開始月の月額費用は無料です。
  • プランに含まれる翻訳言語は、英語、中国語(繁体字・簡体字)の3ヶ国語となります。
  • 他言語の翻訳は、別途オプション料金が必要となります。

八楽、MSOL、SBTは今後も連携してお客様の要望に積極的にお応えできる体制を構築するとともに、本サービスをより付加価値の高いサービスへと発展させることで、お客様のビジネスのグローバル化を支援してまいります。

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
【 八楽株式会社 】
新規事業開発室 佐田
電話番号:03-6416-5315
メールアドレス:info@yaraku.com

【 M-SOLUTIONS株式会社 】
問い合わせ窓口
電話番号:03-6892-3070
メールアドレス:sales@m-sol.co.jp

【 ソフトバンク・テクノロジー株式会社 】
管理統括 管理本部 経営企画部 皆口
電話番号:03-6892-3063
メールアドレス: sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

タイムリーな情報収集で拡販チャンスを拡大!~iPad対応業務支援アプリケーション、Smart atにeBASEカタログ連携オプションを追加提供~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社の連結子会社であるM-SOLUTIONS株式会社 (代表取締役社長:佐藤 光浩、本社:東京都新宿区、以下M-SOL)は、この度、商品情報交換環境の提供により次なるビジネスモデル、新たなるマーケットを創出するeBASE株式会社(代表取締役:常包浩司、本社:大阪府大阪市)と協力し、iPad対応の業務支援アプリケーション Smart at(スマート アット)に、商品情報データベースeBASE(イーベース)を連携させた、『eBASEカタログ連携オプション』の提供を開始しますのでお知らせします。

Smart atは、初期費用無料、月額利用料980円(1ID)から利用できる、iPad対応業務支援アプリケーションです。
「タブレット端末のビジネス活用を推進し、ワークスタイルを変革させる」というコンセプトで、ユーザが手軽に使えて、業務効率の向上につながる、シンプルなサービスを提供いたします。

今回提供を開始するのは、iPad上で簡単に見積作成・提出ができる見積支援サービス「Smart at est」のオプションサービスとなります。
食品業界、住宅業界、文具業界等のメーカーにおいて、現在約9万ユーザに利用されている商品情報管理データベースeBASEと、eBASE株式会社が運用するクラウドサービス「eBASEカタログ(FOODS eBASE NBセンター/eB-Registry等)」と連携することで、Smart at EstでeBASEに登録された商品情報カタログを利用することができるようになります。
商品情報を登録するメーカーの、eBASEカタログ(FOODS eBASE NBセンターやeB-Registry等)への登録料は無料となります。

■ Smart at est eBASEオプションご利用イメージ
ご利用イメージ

eBASEに登録するだけで、商品情報のカタログ登録・管理を個別で行う必要がなくなり、運用コストの削減につながります。また、各メーカーや業者によって更新される情報は、リアルタイムでSmart atへ反映されるため、よりタイムリーな商品情報収集と、スピーディーな見積提示が可能となります。
本サービスはSmart at estをご利用のお客様に、初期費用無料、1IDあたり300円/月額にて販売いたします。
※eBASEの利用費用が別途発生いたします。

また、2013年10月11日(金)大阪 毎日インテシオ、11月15日(金)東京 AP浜松町 芝パークビルで開催される、eBASEカンファレンス 2013 (ebase.co.jp/conferencefoods.html)に出展します。

M-SOLは今後も、eBASE株式会社と連携を深め、ニーズに沿ったサービスの拡充により、お客様のビジネスを支援してまいります。

▼Smart atに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
smartat.jp/
softbanktech.jp/mobile/smart-at/smart-at/

■ eBASEについて
eBASEは、商品(製品)情報の企業間情報交換プラットフォームとして、又、企業内の様々なコンテンツマネジメントソフトとして、柔軟性と抜群のコストパフォーマンスを兼ね備えた総合データ管理ソフトウェアです。ネットワーク対応データベース「eBASEserver」等、ユーザのニーズに沿ったさまざまなサービスを提供しています。

▼eBASEに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
ebase.co.jp/

今回のサービス連携開始について、eBASE株式会社 取締役 兼 執行役員CFO 窪田 勝康氏より、コメントをいただいております。

「eBASE株式会社は、「iPad対応の業務支援アプリケーション Smart at(スマート アット)」とeBASEカタログとの連携ソリューションを歓迎いたします。当社の商品情報交換プラットフォームeBASEに立脚したクラウドデータプールサービス「FOODS eBASE NBセンター」や「eB-Registry」等とクラウドマッシュアップ連携でスムーズな業務運用が可能になります。M-SOL社とeBASE社は有機的な連携ソリューションを今後も継続して提供していきたいと思います。」

eBASE株式会社
取締役 兼 執行役員CFO
窪田 勝康

■ eBASE株式会社 会社概要
商号 :eBASE株式会社
事業内容 :コンテンツマネージメントソフト「 eBASEシリーズ 」の企画開発・販売・保守
代表取締役社長 :常包 浩司
所在地 :大阪市北区豊崎5丁目4-9
設立年月日 :2001年10月
資本金 :190,340,000 (2013年3月現在)
URL   :ebase.co.jp/