M-SOL、地方自治体DXを加速させる電子申請サービスを提供開始  ~kintoneを利用したサービスパックで多数の申請テンプレートを収録、職員が簡単に設定可能~

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:植草 学)は、自治体における紙による各種申請を簡単に電子化できるサービス「Smart at 自治体DX」をリリースしましたのでお知らせいたします。本サービスは、申請テンプレートを活用しながらドラッグ&ドロップや簡単な設定のみでWebフォームや申請フローを作成でき、ITの専門知識がない方でも簡単に申請の電子化が可能です。電子申請されたデータはクラウド上で管理するため、場所を選ばず申請の閲覧や承認ができ、データ検索によりすぐに目的の申請を見つけられるようになったり、大量の書類管理がなくなるなど業務効率化やさまざまな時間削減にも繋がります。

セキュリティの面では、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」に登録されているkintone(サイボウズ株式会社提供)をプラットフォームとしているため、安心してご利用いただけます。

背景

2021年にデジタル庁が設置され、「デジタル改革関連法」が成立しました。企業や自治体では迅速なデジタル改革が推進され、市民の利便性向上を追求するなど地方自治体でもデジタル化が急速に進んでいます。また、昨今のテレワーク普及を受け、自治体職員も場所を選ばず業務が遂行できる環境の整備が求められています。

こうした背景のもと、M-SOLUTIONSでは、クラウドサービス「kintone」をベースとした申請サービスパックをリリースし、従来の役所での手続きを行うことなくクラウド上で申請承認が完結する仕組みを提供いたします。

Smart at 自治体DXについて

本サービスには、kintoneのガバメントライセンス・申請フォーム・申請ワークフローエンジン・kintone拡張サービス/プラグインが含まれています。オプションとして、導入時にM-SOLUTIONSにて申請フロー(10申請まで)を構築し、運用レクチャーなどの支援を行うプランもご用意しています。

・kintoneを利用した申請サービス
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」に登録されている「kintone」を
ベースとしているため、自治体でも安心してご利用いただけます。

・申請テンプレートを利用しスムーズに構築
本サービスに付属する多数の申請テンプレートを利用することで、一から作成する必要がありません。
システム構築の知識がない現場の担当者でも、ドラッグ&ドロップや簡単な設定のみでWeb申請フォームや申請フローを構築することができるため、運用開始後にお客様にて自走すること可能となります。

・クラウド管理で場所を選ばない作業やスムーズな検索が可能
クラウド上ですべてのデータが管理されるため、紙の書類を別のフロアへ運び承認をもらうことが不要となり、テレワークでの自宅作業も可能です。また、確認したい書類をスムーズに検索できるなど利便性も向上します。

・承認依頼や承認完了した旨をリアルタイムに通知
申請フローが進む上で、自分への承認依頼が来た時やフローが完了した時などに、メールだけでなくチャットツールへリアルタイムに通知することが可能です。承認依頼の停滞や確認漏れを防ぎます。

・構築期間の短縮、低価格での提供を実現
導入時の各種設定には、これまでのkintoneの構築ノウハウを活用しM-SOLUTIONSのベストプラクティスを推奨機能として適用することで、要件定義や設計フェーズにかかる期間やコストの削減を実現します。

価格について

お問い合わせください。

 

▼サービスについてのお問い合わせ
M-SOLUTIONS株式会社 営業部(馬渡、大島)
TEL: 03-6892-3166
Email: msol_sales@m-sol.co.jp

▼報道関係者様からのお問い合わせ
SBテクノロジー株式会社
コーポレートコミュニケーショングループ:吉田、與儀
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。