セキュアドローン協議会 旭川での実証研究成果報告会を開催~ドローン活用による精密農業の実証研究の取組み~

M-SOLUTIONSが加盟しております、セキュアドローン協議会(会長:春原久徳)は、本年 6 月より、北海道旭川市、北海道上川郡鷹栖町ならびに東川町において、稲作の生育・栽培におけるドローン活用のための調査研究を実施してまいりました。この度それらの調査・分析から得られた成果、課題などの報告の場として「平成 28 年度 ドローン活用による精密農業の実証研究成果発表会」(以下、本発表会)を開催いたします。

本発表会では、これまでの調査・研究で得られた成果ならびに課題についての発表、ドローン実証研究を踏まえた今後の可能性と期待について、農業ならびにIT関連団体・企業の皆さま方にご登壇いただき、パネルディスカッションを行います。

■開催概要

日時 2017年2月8日(水曜)15:00~17:00
14:30より受付開始
会場 たかすメロディーホール
〒071-1202 北海道上川郡鷹栖町南2条4丁目
主催 一般社団法人セキュアドローン協議会
https://www.secure-drone.org/
協力
(調整中)
たいせつ農業協同組合、上川農業改良普及センター、旭川ICT協議会、鷹栖町、サイバートラスト株式会社、M-SOLUTIONS株式会社
対象 農業生産者、農協組合員、農業普及指導員、農業工作機メーカーなどの農業関係者
参加費 無料
定員 400名(事前登録制、先着順)

■詳細およびお申込み
イベントの詳細、およびお申込みについては、セキュアドローン協議会ウェブサイトをご参照いただけますようお願いいたします。

■当リリースに関するお問合せ
M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email:msol_sales@m-sol.co.jp

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

IoTデバイス向けアプリケーション開発拠点「旭川開発センター」を開設2016年4月1日よりドローンや人型ロボットの開発拠点として旭川リサーチセンターで業務開始

POINT
  • M-SOL初の地方拠点、北海道出身者5名でスタート
  • ドローン用アプリケーションは、農業などの分野で実用化を目指す
  • Pepper アプリケーションは、旭川高専と共同研究を実施

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、2016年4月1日、旭川リサーチセンター(北海道旭川市)に、ドローンやソフトバンクの人型ロボット Pepper の動作を設定するアプリケーションを開発する拠点として、「旭川開発センター」を開設したことをお知らせします。

画面イメージ

■「旭川開発センター」開設の背景・目的
ソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)グループのM-SOLは2016年4月1日、旭川市に新事務所「旭川開発センター」を開設しました。事務所の立地に関しては、旭川市の圃場で小型無人機ドローンの農業向け実証実験が可能であったことがその決め手となりました。旭川市に事務所を設置した背景には、同じSBTグループのサイバートラスト株式会社が、2014年から旭川市や東川町(北海道上川郡)と連携して森林浴メンタルヘルスケアプログラムを展開してきた経緯や、旭川市経済観光部企業立地課の支援もありました。
2016年4月13日には、旭川市をはじめとした多くの関係者に見守られながら、新事務所の開所式を執り行いました。

旭川開発センターでは、主にドローンの農業実用化に向けたアプリケーションの開発と、ソフトバンクの人型ロボット Pepper の動作設定アプリケーションの開発、モバイルアプリケーションの開発を行います。Pepper の動作設定アプリケーションの開発においては、旭川工業高等専門学校と共同で研究開発を行っていく予定です。

旭川開発センターの従業員は北海道出身のエンジニア5名ですが、今後3年以内には地元やUターン希望者の採用により20名規模まで拡大する計画です。

■旭川開発センターのご紹介
旭川開発センターは、旭川空港から車で約15分程度、旭川動物園から約20分の場所に位置しており、羽田空港(東京)からも2時間程度でアクセスできます。また、農業向けドローンアプリケーションの実証実験を行う圃場や Pepper アプリケーションの共同研究先である旭川工業高等専門学校まで車で30分以内にアクセスできる立地にあります。

オフィス名称 旭川開発センター
住所 〒078-8801
北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1−6 旭川リサーチセンター 2階 3-a号室
電話番号 0166-73-6970
従業員数 5名

M-SOLは、引き続き、旭川市と東川町、旭川工業高等専門学校をはじめ、旭川地域の関係者と密に連携を行い、IoTデバイスをビジネスで活用するためのアプリケーション開発を進めてまいります。

画面イメージ

■M-SOLUTIONS株式会社について
M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLUTIONSは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


【報道関係者様からのお問い合わせ】
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
管理本部 経営企画部 齊藤、安部、菅
TEL:03-6892-3063
Email:sbt-pr@tech.softbank.co.jp

M-SOLUTIONS株式会社
営業部
TEL: 03-6892-3070
Email:msol_sales@m-sol.co.jp